« Driving Ms.plumy | トップページ | カメリア »

カニバリズム

NHKとBBCが共同制作した自然ドキュメンタリー「プラネットアース」。

これほんと凄いわ。

映像美。そしてその希少性。構成。メッセージ性。

どんなに言葉を尽くしてもあの映像には勝てない。とにかく観てください。

→http://www.nhk.or.jp/special/onair/planet.html

・・・・・・・・・・・・

で、昨日観たのはシリーズ9番目の「ジャングル 緑の魔境」だったのだが、

チンパンジーの恐るべき生態についても触れられていた。

こう書くと安っぽい週刊誌の見出しみたいなんだが、

これが本当に「恐るべき」生態。

チンパンジーは雑食です。人間と同じ。

バナナとか果物ばっかり食べるわけじゃない。

肉だって、あれば食べるわけです。

時には積極的に群れで狩りをして捕食することもある。

その対象は? 自分たちより小型の原猿。

その一匹の猿を、群れで追い詰め、群れで分配して食べる。

それは以前大学の講義でVTRで観ましたので、知っていました。

それだけでも十分ショッキングだった。

ところが今回は更に上を行く。

イチジクの実が豊富になる場所がある。

群れごとに縄張りが決まっている。

群れが大きい場合は、縄張りが大きいほうがいい。

ので、群れ同士が縄張りを巡って、戦うことがある。

その戦いの最中、子どもなんかが巻き込まれて木から落ち、死んでしまうことがある。

勝った群れは、落ちているその子どもを分配して食べます。

・・・・・・・・・・

「単にタンパク源を得るためなのかどうか、その理由はわかっていません」

とナレーションがつけられていた。

しかし、もともと食料(イチジク)を巡る戦いなわけで、

戦いの犠牲者を食べる必要はないよね。勝った側なんだし。

対立する群れとはいえ、同属でしかも子どもだよ。しかももう死んでるんだよ。

いくら高等な動物とはいえ、動物なのか。自然の摂理ってそういうものなのか。

ちなみにチンパンジーは人間に一番近いDNAの構成をもっています。

我々の先祖もこういうことしてたのかも知れません。

« Driving Ms.plumy | トップページ | カメリア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303499/5886778

この記事へのトラックバック一覧です: カニバリズム:

» 東名厚木健康センター [東名厚木健康センター案内]
東名厚木健康センターに関する情報のご案内です [続きを読む]

« Driving Ms.plumy | トップページ | カメリア »