« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

レダ

今日はなんて、なんてビュティフォーな日だったんでしょう!!

お日様きらきら、風はそよそよ、木の葉はいきいき。

街は軽やかな服装のカップルや家族連れでいっぱい。

……

ところが私は真っ黒スーツで太陽熱を吸収しまくり、

汗を放出し、シャツにシミをつくっていたのでした。

面接だったのです。

昼にはロイホにも一人で入ったさ!! 4人がけの席に一人だったよ!!

でも、そんなことも許せるくらい、今日はビュティフォーな一日でした。

ゴールデンウィークの一日に相応しい美しい日だった。ほんと。

で、街行ったついでにお買い物。

①石けん受け

Swany 見てこれ! 白鳥の石けん受けなの~v

もう一目惚れ。久々にツボ突かれたね。

ピンクの子もいたんだよ。そっちも今度買うかも…。

さて、いくらでしょう……?

答え:315円でした。300円ショップにて購入です。

ガラスと見せかけて、アクリル製。いい買い物でした。

でも石けん受けとしては使わない。使い勝手は悪そうだもの…。

②楽譜

・ツェルニー 小さな手のための25の練習曲(840円)

・ツェルニー 左手のための24の練習曲(735円)

なんで買っちゃったのか、よく分からない。

大体買ったからと言って、いつ練習するんだろう、自分…。

でもまぁ、コンプレックスと弱点丸見えのセレクトには間違いない。

活用したいものです。

③LUSHの石けん

帰ってきたら、オーダーしてたのが届いてました。

今回は石けんばかり、3つ。

・ボーノボーノ(オリーブ入り。ばらの匂い)

・葉と果と(イチジク入り。イランイランの匂い)

・シーベジタブル(海塩入り。ライムの匂い)

もう、シアワセ。素敵な石けんのあるシアワセ。

ちょうど、前使ってたのなくなったし、早速今夜から使いますv

どれからいこうかしらーv

使用感想はまた後日。

too true to say goodbye to you.

明け方に夢を見た。

昔好きだった人が、自殺する夢。

知らせを聞いて、遺書を見て、あたしは泣く。

それはずっと前から彼が胸に秘めていた計画で、

だから、ずっと彼はあたしにそっけなかったのだ。

そう気付いて、泣けて泣けてしょうがなかった。

って、あたしすんごい自分勝手な解釈だよねー!

自殺することが念頭にあったから、わざと自分に冷たかったなんて!

(そう、片思いだったのです。もちろん玉砕)

しかも、夢とは言え、好きだった人を自殺させるとは!!

ヒドイ。アブナイ。

夢は無意識からの呼びかけだったりするっていうし……

あたしの無意識下には一体何が潜んでいるんでしょう。

プロの心理屋さんに診断してほしいです。マジで。

(↑占いとかじゃなくてね、ちゃんと学問的にやってるひとね)

久々にはっきり覚えてた夢だったので、

気になって連絡してみました。

しばらく会ってなかったし。

どうやら元気そうで、安心しました…。

これからも元気でいてくださいよー、頼むよー☆

あのひとが花を

昨日店長から頂いたお花を、母がアレンジしてくれました。

Photo_42 華やかで可愛らしい組み合わせ。

こういうのが「頂く」お花だよねー。

あまり花束頂いたことがないので嬉しかった。

ありがとうございました。

あたしもバラを二本頂戴して、自分の部屋に飾りました。Photo_43

が、バランスが悪ーい!! それに寂しい印象。

もっと短くすれば良かったんだね。

或いは他の花とか葉っぱとかでボリューム出すとか。

それから、偶数本はやっぱりバランス取りにくいや…。

Eyebon せめて、同系色のもので調和を図る。

てなわけでwithアイボン。

……

もちろんネタですよこれは。

相変わらず、きたなくて見にくいへったくそな写真ですがご勘弁。

goodbye to you

人生にはサヨナラがつきものです。

①朝、風呂に入って、顔を洗おうをして、せっけんを取ろうとして、せっけんが手から滑って、排水溝に落ちて、流れていった。

漫画みたい、と思うほど、

つるっと滑り、ぽーんと飛んで、音もなく流れていった。

ああいうとき、人は呆然とするしかないのですね。

あれはただのせっけんではないのです。

アルソアのクイーンシルバーなのです。

小さくなったとは言え、あと何百円分残っていたのでしょう……。

②今日はバイトの最終日だった。

2年近くやってきたけど、とうとう今日が最後でした。

シフトずれてて会えなかった人が電話をくれた。

シフト休みの人が、わざわざプレゼントを届けに店まで来てくれた。

「梅がいなくなると、寂しくなる」っていろんな人が言ってくれた。

店長が大きな花束を渡してくれた。

たかがバイトのあたしを思ってくれてる人がいるってこと感じて、

すごーく嬉しかった。

ありがたいことだなぁ、と思う。

いろいろあったけど、一緒に働く人たちには恵まれていた。

みんな、本当にありがとうございました。

メモ:カスタマーサティスファクション

気になってたもの、買ってみての感想。

①スタバのポテトチップス

味は塩味と胡椒味2種類。一つ160円、50g。

とりあえず、両方買って、胡椒の方を食べてみました。

かなり分厚く、食感がすんごいざくざくしてて、美味しかった!!

味も濃すぎないのに、結構満足できるよ。

細かくして、サラダにかけて食べてもいいかもしんない。

塩味の方も食べるのが楽しみです。

②Paolo Nutini「These Streets」

懸案のパオロくんですが、遂に買ってしまいました。

だって国内版のくせに安かったんですもの…。

やはり「jenny~」は良い。ところが、他の曲はあんまりぱっとしない。

好みの問題だと思うけど、バラード曲が案外多くてね。

もっと骨太な感じを想像してたんだけど、まぁ相当若いし仕方ないか…

聴き込めばもっと違うかな。

あと、PCで聴いてるせいもあるかも。(CDプレイヤー壊れてるので)

あたしのPCはホント音悪くて、特に低音が弱いのだ。

大好きなレッチリも、大好きなFleaのベースが全然聴こえないのよー。

ともかく、このCDを買ったおかげで、

HMVのポイントカード、ゴールドカードに突入です。

③アイボン(Wビタミン)

あたしはどうもものもらいが出来やすい体質らしく、

ここ3年で3回ものもらいを作り、3回切開しています。

半端なく痛いの、あれ!! 切られるのが容赦なく見えるのも拷問。

コンタクトもハードタイプ使ってるし、朝起きると結構タンパクが出てる。

目の化粧も欠かせないから、その汚れがどうしても目に入る。

目の病気は何にしても怖いので、やっぱりちゃんとケアしないと…

で、買ってみました、アイボン。698円だかだったかな。

いろいろ種類があって迷ったが、ピンク色が可愛い「Wビタミン」を購入。

値段は普通のやつと同じ。なら、オプションあるものがいいじゃなーい。

早速使ってみたけどすっきりしていいです、これ。

単純に、キモチイイ。

朝起きてからすぐとか、それだけでしゃきっとできて良いです。

「うわこんな汚れてんのかキタネー」って確認できるのも、快感なんだよ、実は。

耳掃除と同じね。

ペンは剣より強し、友はもとより強し

今日、久しぶりに学校に行き、

5時間ほど、図書館と共同研究室で座学自学した。

こんなにシャーペン握って字を書いたの久しぶりで、

すぐに手が痛くなって、

最後のほうはもう殆ど意地になってガリガリやってた。

こんなんで頭に入ってるのか…。

何が私を意地にさせていたのか、というと

それはマックドナルドさんです。

どういうわけが、ファストフードとか、ラーメンとか、蕎麦とか、

そういうのが無性に食べたくなるとき、あるでしょ!?あるよね!

もう1年と何ヶ月ぶりかに、マック衝動に駆られたワケだ。

で、「あのページまでやったらマックでえびフィレオバジルを食う!!」と決意して、

ちょっと頑張ったのでしたよ。昼飯もそのために我慢したさ。

コーヒーとチョコ一個でなんとかもたせてさ。

それくらいマックへの情熱と期待をもっていたのよ。

で、5時過ぎに学校からマックへ直行。

で、食べたよ、えびフィレオバジル。

…?

バジルの味も香りもしないんだけど…

あたし、バジルが好きだから、これ頼んだんだけど…

あたしの鼻が詰まってるせい?いや今日は詰まってない。

うわーヤラレター…

マックに期待をしたあたしが馬鹿だった。

しかも、セットで頼んじゃったんだ。お腹もたれちゃったんだ。馬鹿馬鹿。

こんなことならちょっと高くたってモスに行けばよかったよう(涙)。

でも、ガッカリしてるとこに、友だちからメールが来て、

就活でたまたまこっち帰ってきてるから会いたいvって。

で、会ってスタバで小一時間ほどお喋りしたの。

久しぶりに会ったから、すんごい嬉しかったし楽しかったー!!

捨てる神あれば…とは正にこのことです。

ともだちっていいねv

サンキューマイフレンズ★

rest in peace

長崎市長は、結局前市長の娘婿にはならなかった。

新聞で読んだところによると、

娘は「市民のみなさんの、父に対する思いはこんなものだったのか。父が浮かばれない」

なんて言ったらしい。

写真には憔悴しきって今にも倒れそうな彼女が写っていた。

それは違うだろう、とあたしは思った。

正直言って、その言い草には腹が立った。

彼女は結局、彼女のことしか考えていない。そうとれることばだ。

あなたのご主人は、あなたのお父様とは違う人なんだから。

選挙は、あなたのお父様のお弔いではないんだから。

当の婿殿だって、本当に望んで立候補したとは思えなかった。

ただ、彼に他の選択権は残されていなかっただろう。

でも、考えてみれば、

前市長が亡くなってから、まだ一週間も経っていない。

きっと彼女は父親の死をまだ受け入れられないのだろう。

老衰で亡くなったって、遺されたひとが「死」を受け入れるのには

長い時間を要する。

ましてや、銃で撃たれて、殺されるなんて。

彼女が夫を市長にすることは、

ある意味で父親が死んだことを否定できることにつながったのかもしれない。

彼女は喪失の感情に溺れていて、他に何も見えないのだろう。

それが、上記の発言に影響したのだろうと思う。

そんな彼女を責めるのは、筋違いだ、と気付いた。

哀れだ。

必要以上の苦痛を、彼女を含む遺族は強いられたのだ。

改めて前長崎市長、伊藤一長氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

遺族の方の悲しみが、少しでも癒されますように。

そして、日本の国が戦争を含む理不尽な暴力に対してNOと言える日が早く来ますように。

22.5

最近かかとにヒビが入ってきた。

まだ痛かったり、がさがさになったりはしてないけど、

恐らく将来ストッキングを破ることになるであろう、その兆候に間違いない。

我が家の(あたしを除く)女たちは皆かかとのがさがさと戦ってきた。

今まであたしにはその気配が微塵もなく、

羨望と憎悪(言いすぎ)の対象となっていたものだが、

嗚呼、遂にあたしにもそれがやってきたのだ……!!

今度ボディショップ行ったら、かかとケアグッズ買おう。

何事も早めの対処が事態の悪化を防ぐのである。ウム。

向田邦子の「阿修羅のごとく」でもかかとに関する場面があった。

うろ覚えなんだけど、

鏡割りをして、割った餅をおかきにしようと揚げている四姉妹たち。

「鏡割りをすると、お母さんのかかとを思い出す」

など笑いながら話していると、長女だったか四女だったかが、

「女の人がかかとの手入れしてるかどうかで、夫婦仲が分かるんだって。してないと、ご無沙汰らしいよ」

次女(既婚、しかし夫に不倫疑惑)がへえー、とか言いながら、

密かに足をもじもじさせるショットが次に来る。

すごく可笑しいんだけど、大人の冗談でちょっと粋。

実はこの場面は複線で、その後しばらくして、

次女のかかとのがさがさ故に伝染を起こしているストッキングを

発見した夫(実際不倫してるのだ、この夫)が、

不意にそこから手を入れてストッキングびりびり破りながら

ベッドシーンっぽくなる場面がある。戸惑いつつ身を任せる妻。

これおおっぴらにいやらしくないように上手くカット振り分けてあるんだけど、

すごーく官能的でどきどきする。

ほんと、こういう「匂わせる」「連想させる」「何気ない」「ありうる」「ごく自然」

という描き方が向田邦子は物凄く上手い。

本当に稀有な才能だと思う。

「阿修羅のごとく」は近年映画化もされているけど、

昔NHKで連続ドラマとしてやってたやつの方が断然面白いよ!

見て損はありません。太鼓判押します。

わかば

わかば、と言っても煙草ではありません。

今もあるのかなー、わかば。

今日は久しぶりに車を運転したのだった。

まぁ、そんなに交通の多くない田舎道メインで走ったし、

普通に走る分には問題ないであろうレベル……だと思うんだけど。

問題はバックであるよー。

スーパーの駐車場にバックで入れるのにすんごい手間取って、

小さなエリアで軽く渋滞を起こしたのはあたしです!ハーイ!

でも、他の車の人が明らかに、

「なんだよなんだよ初心者かよ参ったなオイそんなんもできんのか」みたいな目で

うちの車(坂口憲次CMのホンダエアウェイブ、しかし上空サプライズじゃない普通の屋根)を見ていたね!

ごめんなさいでもしゃーないじゃんよ!!大目に見てちょ!!

とあたしは開き直っていたが、

わざわざ車から降りて先導していた父は相当ストレスを感じていたようであった…。

結論。

やっぱり練習しないとダメだっちゃー、特にバックは。

教習所で習ったことは現在ほぼ生かされていないものー、バックに関しては。

免許取ったら、自分の好きな曲をガンガンかけて楽しく運転

、というのが漠然と思い描いていた理想の運転像でしたが、

そうなる日はまだまだ遠いようです。

せめてこすったりぶつけたり怪我させたりしないようにせな…!ブルブル。

午後は女王陛下の紅茶を

今日は10年来の友人のお誕生日祝いもかねて、デートでした。

ずっと気になっていたフォートナム&メイソンのティールームでお茶したのち、

あっちこっち歩いて、女子気分満喫♪

何よりいっぱいお喋りしたのが楽しかったー!!

夏目漱石は器械体操が得意だったとか!!(笑)

女子気分か?っていう話ですけど、そういう間柄のともだち同士なのです。

いいだろー、そういうともだち。エッヘン。

今度は飲み行こうね~v

気になるものメモ!!

スタバのポテトチップス。あゆみさんのお薦め。今日スタバ行ったのに帰ってきてから思い出した~くそ~。

・今日デートした友だちとの共通認識→春はワンピース

ダージリン、ニルギリの新茶。関係ないけど明日はエリザベス2世の誕生日なんだそうな。おめでとうございます。

エテュセのバカンスネイルが今年も。210円。

アロマキャンドル。マグノリアの香りが惹かれる。

Soooooooo tired!!

読書感想文、終了……。

相当苦しんで書きました。

結果はどうなることやら。

競争相手がどれだけいるか知れないので、ほんと皆目見当つかない。

第一、どういう基準でこの課題に優劣がつけられるのかも、皆目見当つかない。

しかしもう提出しちまったんだから、四の五の言っても始まらんね。

明日は何をしようかなー。やりたいこといっぱいたまってます!!

やんなきゃいけないことも……(汗)こっち先でしょって感じだな、自分。

今鏡見たら酷い顔してました。すんごいブス。

てか、あれ、えーっと、

肥えたな、自分!

ophelia

Photo_40昨日、新しいお花を買ってきました。

スプレー菊、一束210円也。

白い花びらに、中心部分がピンクっぽい紫で可愛い。

スプレー咲きは、太い茎から細い茎がいっぱい伸びて、

そこに花がつくのであります。

だから、どういう風に切って生けるか、結構難しかったー。

結局、一番上に咲いてる何輪かを太い茎に残して一輪挿しに(奥)。

その他は太い茎から離して、ガラスの器に投げ生け(手前)。

このガラスの器は多分ドレッシングとか入れるやつだと思います…。

技術も知識もないので、すごい乱暴な生け方だけど、

まぁまぁ格好ついたかな??

この前買ったトルコキキョウもまだ元気なんだよー!!

Photo_41 茎を短くして、ガラスのコップに生けています。どうでしょ。

トルコキキョウは日持ちがとってもいいんだって。

アレンジメントにも使いやすいお花だそうで、人気高いとか。

(確かに、同じスプレー咲きの花ですが、菊より生けやすかった。)

やっぱり関心が向くと、自然にアンテナが張られるようで、

街で次々とお花屋さんを発見しました。

気付かないだけで、沢山あるんだよお花屋さん。

お出かけするときの楽しみが増えました。

次はバラを狙っていますが、思ったような色形ってなかなかないものです。

にじ

花冷え、とことばはきれいだけれど、

せっかく春だと思って浮かれていたあたしの心は萎んでしまう。

ってくらい、今日は寒いねー。

雨も降っちゃって、今日は外に出なかった。

大体、茶の間の窓から見える赤い椿が

色褪せて、木にくっついたまま朽ちてきて、ぼとぼと落ちるのと、

たっぷり水分含んで重くなってる曇り空のコントラスト!!

勘弁してください…

こんな日にぴったりな文章を紹介します。

「『ね、噴水の水しぶきに虹がかかるのをみたことがある?』

『あるよ。日の光があたって、それがくだけ散るように虹になるやつのことだよね』

 小鳥ちゃんはうなずく。

『そう。あたし、お天気のいい日に噴水のそばをとぶの大好き』

『気持ちよさそうだね』

 ぼくは心から言った。

『水しぶきも好きなの』

『うん』

『濡れたってすぐかわいちゃうし』

『うん』

 雨はいっこうに弱まらない。屋根をたたき、窓ガラスをつたい、といを流れ、水をふるわせ、土にしみこむ雨。小鳥ちゃんと二人、屋根ごと雨にとじこめられてしまったような気さえする。

『どう?』

 小鳥ちゃんが訊いた。

『どうって、なにが?』

『気分よ』

 小鳥ちゃんは、ぼくの顔をじっとみている。

『あかるくてきれいなものをおもいうかべれば、ずっと気分がよくなるでしょう?』

 なるほど。

 でも、ぼくは、なるほど、のかわりに、

『もちろん』

 とこたえた。

『ずっとよくなった』

『よかった』

 小鳥ちゃんはうれしそうに言い、おこしていた頭をふたたび枕にもたせかける。

『大丈夫よ。きっとじきにあがるわ』」(「ぼくの小鳥ちゃん」江國香織)

Strip My Mind

「Strip My Mind」はレッチリの曲のタイトルなんだけど、

今の煮詰まっているあたしにぴったりのことばだなー、と思う。

実は読書感想文を書かなければならない。

締切は今月19日。

苦手なんだよー、読書感想文(泣)。

評論文みたいになっちゃうの、あたしが書くと。

素直じゃないことの為せる業よねー…

大体あたしってば小学生のころから宿題とか、

なんでもギリギリな子でねー。

大体夏休みの後半はヒィヒィ言ってた。

まぁ面倒臭がって後回しにするってのが、理由なんだけれども。

(今でもそういうとこあるの。実は。)

でも今は、途方に暮れて手を付けられないって感じ。

(部屋の掃除と同じ状態ですね)

いや、感想はあるけど、それを一つのまとまった文章にするのが難しい。

あたしは気持ちを他人に分かるように言語化させるのが、ヘタクソなのだ。

ほんと誰か「あたしの心を裸にして!!」

心の角質層も肥厚化してるんだ、きっと。うー。

でも、これはチャンスでもある。

あたし頑張るよ。応援してね…。

Photo_39 ←関係ないけど、パイプオルガン。

同じ鍵盤楽器でありながら、

ピアノとは全く違った個性と特質をもっている。

ピアノが打楽器に近いとすれば、パイプオルガンは管楽器に近い。

鍵盤のタッチも、音量ももちろん違うし、表現できることも違う。

あたしはこの楽器の魅力がまだ分からない。

正面に座って弾いても、指も心も躍らない。

これも心の柔軟性が足りないからかしらー。

経験と練習が少ないってのもあるんだけど。

大事だよねー、やわらかなこころ。

メモ:rockin'on

最近CDを買ってなかったのですが、

そろそろ触手が動いてきたので、気になるものをメモ。

・パオロ・ヌティーニ「these streets」

Photo_36 まぁ、顔に惹かれて視聴したことを正直に申し上げます…。

可愛い顔ですねー。腕のタトゥー☆も可愛いですねー。

しかし声と曲は案外骨っぽい、男っぽい感じ。

その落差がポイント高し。

①jenny don't be hasty これいいなぁ。ちょっとレトロで男っぽくて。

捨て曲があんまりないといいんだが…。

最近流行ってるSSWは当たり曲一曲の印象が強すぎるのか、

アルバムはあんまり良くなかったりするので。

・ブレッド・アンダーソン「Brett Anderson」

Photo_37 あああ出たブレットおじさん!!

tearsを組んだばかりでソロですかしかもタイトルロールですか…!

相変わらず格好つけた写真ですね、おじさん。

というのが、このアルバムを最初に見たときの感想でした。

曲はやっぱりすごくセンチメンタルでナイーブで美しいです。

しかも今回はストリングスなど使ってるみたいで、まぁすごく合ってる、この人には。

でもtearsほどのインパクトがなかったので…買うかどうか微妙なところだ。

・ファウンテインズ・オブ・ウェイン「Traffic and Weather」

Photo_38 10年選手みたいだけど全然名前知らなかった。

ポップロック、という歌い文句に乗って

聴いてみたら案外よかった。

思えばこういうシンプルで素直なバンドサウンドって最近聴いてなかったなー。

(ルースター聴いてうるさいと思っちゃったからね、あたし…。)

もうちょっと聴きつめてから購入を決めたいです。

あと、五月にマルーン5の新譜がやっと!出るんだってー!!

ホント待ってましたって感じですが、

前作が超傑作だっただけあって、楽しみな反面、心配でもあります。

涸れてませんよーに。

メモ:石けんの仕事ぶりは見事で、潔い

、と江國香織は「とるにたらないものもの」というエッセイの中で述べている。

あたしたちも石けんを最大限に生かすには、

見事で潔い仕事をしなくては、ならない。(言い過ぎ?)

てなわけで、洗顔における泡立てのコツ。

■アルソア化粧品の「クイーンシルバー」を用いた例

・手が汚れていると泡立ち難い。手はよく洗うこと。顔を素洗いしたあとも、脂やファンデーションの汚れが手に移ることもあるので、素洗いのあともしっかり手を洗う。

手と石けんをお湯でよくあたためる。この一手間で、すごく泡立てやすくなる。

・石けんを手の上で転がす回数は約10回程度で十分。前項をしっかり守ってやれば、クイーンシルバーの場合これくらいでたっぷりの泡ができる。

空気と水を含ませながら、ふんわり大きく泡立てる。水は数回(2,3回)に分けて少しずつ足していく。一度にたくさん水を足すと、すぐに泡がへたってしまうのです。この段階は量を作る作業。

・泡がまとまってきたら、両手を擦るように泡をつぶしてキメを細かくしていく。泡を細かくすることで、毛穴の奥や目に見えない細かい肌の溝の汚れも洗うことができる。しっかり角が立つくらいまで、泡をかたく、細かくする。乾燥肌の人は少しやわらかめに作っても良い。

→上手くやると、石けんと手だけで作ったとは思えない、たっぷりもったりふかふかもっちりの泡ができます。ただし練習が必要。あたしも修行中。多分クイーンシルバー以外の石けんでもこれくらいの手間をかけると、良い泡ができるんじゃないかな。

Let's try&practice!!

愚者の楽園

今日の晩酌は、

銀座カクテル(ピーチ)と、ベビースターおとなのらーめん(旨塩胡椒味)

でお送りしております。こんばんは。

ちなみに自室でのんびりやっております。

母に「オヤジ」と非難されつつ…

今日はアルソアのサロンに行きましたw

今まで使ってた化粧水がなくなったので、

ついに化粧水もアルソアデビューです。

まぁメーカー品定価で買うのと同じくらいの値段ですから、

許容範囲かなー、と。

でも基礎化粧品でとどめておきたいところ。

だって、いろいろ使い始めたらずっと使いたくなって、

ただでさえ虚弱なあたしの財布が大ダメージを受けますから…!

サロンに行くと、いつも美顔マッサージをしてもらっています。

肩首腕をボディマッサージ→

スクワランオイルで顔をマッサージ→

顔のツボ押し→

蒸しタオルであたため→

最後にまたボディマッサージ、といった流れなんだけど、

このオイルマッサージとツボ押しがものっすごく気持ちいいんだー!!

今日は夕べ遅く寝たのも手伝って、ホント半分寝てしまいました…w

終わった時には、全身の力が抜けて、起き上がるのが辛いくらい、

キモチイイんだよー。

触ってもらってるのは顔だけなのに、不思議だねぇ。

それにしても、

アルソアの化粧品はあたしに合っていたようで、

現在物凄く肌の調子がいいの。

肌がキメ整って柔らかくなってきたし、

ニキビ跡や毛穴の黒ずみが薄くなってきた。

「肌きれいになったね」っても、最近よく言われる。

他人にそう言ってもらえると、本当に嬉しいんだねー。

きれいになることで生まれる自信が、

学業や仕事にもつながっていくといいなぁ…☆

がんばるぞー。

神は天にあり、世はすべてよし

あたしは、世界の名作と言われる本の中で

「赤毛のアン」が一番好きかもしれない。

「赤毛のアン」は女の子のバイブル、なんてよく言われますが、

万人に対しても素晴らしい作品だと思います。

ちょっと変わった、ちょっと困った女の子が、

いろんなトラブルを巻き起こしながら

美しく賢く思いやりのある女性に少しずつ成長していく様子とか、

その周囲の人たちが、そんな彼女に深い愛情を示すところとか。

(←血のつながりでなく、縁のつながりでそうあるところが特に)

ユーモアたっぷりなところも、すごく好きです。

グリーンゲイブルズに来たばかりの11歳のアンがお祈りをします。

「恵み深き天の父よ、歓喜の白路や、輝く湖水やボニーや雪の女王に感謝いたします。まったく心底から感謝しています。お礼を言うのはいまのところ、それだけです。かなえていただきたいことはあんまりたくさんあるので、全部言っている時間がありませんから、二つだけいちばん大事なお願いを申し上げます。どうかあたしをグリン・ゲイブルズに置いてください。それからあたしが大きくなったら美人にしてください。かしこ。あなたを尊敬するアン・シャーリーより」(「赤毛のアン」モンゴメリ・村岡花子訳)

その彼女が16歳になって

「あたしは自分のほか、だれにもなりたくないわ。たとえ一生、ダイヤモンドに慰めてもらえずにすごしても」「あたし、真珠の首かざりをつけた、グリン・ゲイブルズのアンで大満足だわ。マシュウ小父さんがこの首かざりにこめた愛情が、ピンク夫人の宝石に劣らないことを知っているんですもの」(同上)

そう自然に言えるようになる、そのことがなんでこんなに胸を打つんでしょうか。

で、アニメ世界名作劇場ですよー!

何回もテレビで再放送されていて、今もNHKBSで放送されています。

このアニメ版「赤毛のアン」のクオリティの高さと言ったらあなた。

本当に原作に忠実で、キャラクターが生き生きしています。

感受性の豊かなアン、かたく厳しく愛情深いマリラ、

シャイで無口であたたかいマシュウ、

アヴォンリーの四季と一緒に動くそれぞれの心象。

誰か実際を見てきたんじゃないかっていうリアリティです。

下手なドラマよりよっぽどいいと思うよ。

アニメだからといって子供だましじゃないのです。

現代のテレビアニメが馬鹿みたいに見えます。

1979年に初めて放送されたというから驚き。

スタッフに若かりし頃の高畑勲や宮崎駿なんかがいて、更にびっくり。

でも、納得。

宮崎駿が現役で頑張ってるときを知ってる世代で良かったなと思う。

「赤毛のアン」放送予定などはこちらです↓

http://www3.nhk.or.jp/anime/anne/

ルナティック

ときどき、あたしは本当に子どもが好きなのか、

と思うことがある。

本当に、子どもの成長に関わる仕事に就きたいのか、と。

実際に子どもと接すると、

可愛いな、いい子だな、と思うことより

このクソガキ調子乗るな、と思うことが多い。

それは、どんな子どもに対してもそう。

他人でも、身内でも。相性のいい子でも、悪い子でも。

子どもは、まだ人間になりきっていない不完全な存在だけれども、

一個人である、ってことを思い知らされる。

自分が、しっかりと子どもに向き合えるくらい

確立している部分があまりにも足りないっていうことも。

それらを踏まえて、仕事をするってことは

生半可なことじゃない。

…って、

子どもと一緒に校庭を走り回ってヘロヘロになりながら、思ったさー!

なんで子どもって、あんなに動き回るくせに疲れないんだろう……。

ホント久しぶりに奴らと遊んだもんで、おらぁくったくただで……。

体力と忍耐力。それが重要なキーポイントです。

だんだん桜が咲いてきました。

霞がかったみたいな枝ぶりは、春の空とおんなじ。

春って、動植物は狂気じみてるのに、空はぼやっとしてるよね。

でも、夕暮れ時のほんの一瞬、透明になる。

あれは一体どういうわけだ。

何がお前をそれほど急いで流れ出させようとするのか

まぶたがぽってりあついです。

なんかぱっちり開けない…

涙腺にスイッチが入りやすいのは毎度のことですが、

大洪水になったのは久しぶりです。

自宅でよかったー。鼻水も大洪水でしたものー。

原因はまたもや本です。

しかも、これ、読み込んでいかなきゃいけない本なのです。

干乾びて死んだりしたくないなー。

今まで、本で一番泣いたのは、

「ハッピーバースデー」(青木和雄・作)

中学生のとき、夏休みに読んだ本でした。

もうはじめからおわりまで泣きっぱなしで、

それに合わせたみたいに、凄い夕立が降っていたのが

アンフォーゲッタボー。

次点は、

「おとうと」(幸田文・作)かな。

あたしは感動するにつけ、悲しくなるにつけ、悔しくなるにつけ、

怒るにつけ、混乱するにつけ、とにかく泣き虫。

昔っからそうで、今もそう。

幼い頃は「ももたろう」で

成敗された鬼が謝るところで必ず、

「許してあげてぇー」と鬼に同情して泣いておりました。

最近の話では

映画館で本編上映前の予告編で泣いたことが何回か。

(「伊能忠敬」「白い犬とワルツを」など)

あと、授業で内容も知らされずにいきなりクライマックスシーンだけ観せられた映画で号泣。

(デニーロが出ている消防士の話だったと思う)

涙コントロールしてる脳の箇所がバカになっているんじゃないでしょうか。

それにしても、

泣くと鼻水も一緒に出てくるのはどうしてなんだろう。

そして、

あんなに大量の鼻水は一体どこから湧いて出るのか。

長年の疑問です。

high time

もう、誰かと飲みたくてしょうがなくて、

誰彼なく飲もう飲もう言ってたら、

乗ってくれた素敵なレディがいましたw

で、もーぉしたたかに飲んで、すっかり陽気になって、

完全に酔っ払いの戯言を間断なくのたまったのでした。

もう楽しくて嬉しくってさー。

彼女と別れた後、

突然ひとりで寂しくなってちょこっと爆発して

情緒不安定になったりしたけど、

おかげでスッキリ。

お肌の調子もすこぶる良かったりして…

マイフレンズ、いろいろありがとうございました。

あたし、ほんとに甘ったれだねー。

おんなじように、慈しめるといいのに。

13歳のとき黄金の国に行った

本とか映画とか、

見たいけど見たくない、っていうものが結構あります。

作品そのものは非常に素晴らしいんだけど、

結末が悲しかったり、残酷だったり、納得いかなかったり。

海と毒薬とか、八甲田山行軍とか、日空機墜落とか、

ほたるの墓とかさー。

(あれアニメも案外容赦ないけど、原作読むと本当に参ってしまう。現実にいくらでもあった話だと思うと、打ちのめされる)

見たくない……でも、大抵結局見てしまうだけどねー。

見終わると、満足するんだけどこころが波立ちます。

でも、芸術とか文学とかって、

ある種の不快感を与える役目のようなものがあるし、

人も知らず知らずにそれを必要としているんだろうな、と思う。

今日BSつけたらたまたまやっていた

「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」もその類。

途中からだったけど、最後まで観てしまった。

ジャクリーヌ・デュ・プレは実在のチェリストで、

ピアニストで指揮者のダニエル・バレンボイムと結婚して、

まあクラシック界では売れっ子であった人なのだけれども、

私生活はあまり幸福ではなく、そのうえ多発性筋硬化症?を患って

40何歳だかで亡くなっています。

姉と本人の手記を基にして作られた映画で、結構赤裸々。

でも天才の孤独、のようなものが随所に見られて、

それがあまりにも哀しい。

作品の後半、病気が進行し、

車椅子での生活になった彼女が、

彼女の得意なエルガーのチェロ協奏曲のレコードをかけながら、

舞台衣装の黄色いドレスと、チェロを見ている。

そしてやがて泣き出す。

もはや寝たきりになった彼女を見舞った帰り、

車のラジオから訃報を聞く姉と弟。

二人は車を止め、絶句し、そして姉は「oh,god...!」と泣き出す。

幼い頃の彼女と姉が海岸で遊んでいる。

波際に成長した彼女がいてそれを見守っている。

バックに流れる、エルガーのチェロ協奏曲、そのテーマ。

演技があまりにリアルで、映像と音楽があまりに美しくて、

ものすごく胸を締め付けられる。

一応映画の最後に若干のカタルシスがあるんだけど、

それでも救われない気がして、じわじわ涙が出てきます。

そしてこのエルガーのチェロconがまた悲痛感を煽るんだよー…!!

いかにもイギリスっぽい音楽で、美しいけど哀しいテーマを有する曲。

あたしは本当に製作者の意図にまんまとはまる観客ですな…。

あたしはこの映画を何回か観ていて、

デュ・プレのエルガーチェロconCDを買ってしまったのでした。

チェロって人間の声に一番近い楽器なんだそうです。

大きさや形も、他の弦楽器に比べてなんとなく官能的、

と思うのはあたしだけかなー。

freeplus to "KOKORO"

恋をすると感覚が鋭敏になる。

って、誰かが言ってたのを、なんでかよく覚えてる。

多分凄く納得したんですねー。

確かに、非常にセンシティブになれる。

例えば、音楽。

普段何気なく聴く曲のひとつひとつが、

あまりにも自分のこころを代弁していて吃驚することがあった。

逆に、その歌の告げることの事実に、どきっとしたり。

でも、音楽が寄り添ってくれるってことが分かって、

嬉しかったし、有難さが身に染みた。

てなわけで、

梅やさん推薦の恋に効く、音楽ラインナップ。

Spirit_room 「The Spirit Room」Michelle Branch

あたしの大好きなミシェル・ブランチの1stアルバム。

ミシェルはポスト:シェリル・クロウ、アラニス・モリセット的な

女の子SSW。ロックテイストが強め。

曲自体がとてもかっこよいのに加え、エモーショナルな歌い方をします。

恋してるときの切なさに拍車かけるような曲が多いので、

どっぷりコイシテル気分に浸りたい時など非常にお薦め。

でも、普通に聴いてもすごくいいよぉ。

2ndの「Hotel Paper」もまたちょっと違った雰囲気で素敵。

サンタナやシェリル・クロウの大物とのフィーチャリングもあるよ。

Fearless

「fearless」Keri Noble

こちらもSSWのケリ・ノーブル。

タイトルもいいでしょ、「fearless」。

勇気をくれそうな言葉です。

この人はピアノが得意なようで②Talk To Meなど

繊細なピアノと力強いハスキーヴォイスがマッチして、とても温かみがあります。

これ、すごく流行った曲なんだけど、その理由がよく分かる。

歌詞がど真ん中ストライクで、「おんなのこ」の気持ちなんだよー。

しかも、全然わざとらしくないところが最高。甘ったるくないのだ。

ちょっと落ち着いた、大人な雰囲気があるのです。

**********

うーん。恋がしたい。

恋してるときって、脳内モルヒネ出てるのかって思うほど

気持ちよくなっちゃうのって、あれなんでかね。

実際はいいことばっかじゃないのにさー。

それを制御できるようになると、上手くいく恋ができるのかしら…(涙)

キリンと暮らす

今日は久々に街に出ました。

まだちょっと寒いけど、久々にきれいに晴れて、

気持ちのいい春の一日…

で、浮ついたついでに花を買いましたー!

まだ花を飾るには早いと思ってたけど、

花屋の軒先にたっくさん並ぶ花の誘惑には勝てなかったです。

そもそもあたしは誘惑に弱い女です。

Photo_31 ←黄色いトルコキキョウ、300円也。キリンとツーショット。

春らしい優しい黄色で、清潔感がある感じ。

すっと長い茎にふわっとした花がついてるのも、

いかにも花らしくて(?)マル◎

あたしって、花弁のたっぷりした花が好きみたい。

花屋さんでも、ラナンキュラスやらシャクヤクやらバラやら、

ボリュームのある花ばっかりに目が行ってました。

本当は薄いピンクのシャクヤクが欲しかったけど、

一輪で800いくらだもの…! 高いわー。

こちらはくまさんといっしょに。Photo_35 

じょうろに生けてみました。

さて、お花を飾っても大丈夫な状態を維持できるか。

これが問題です。がんばろっと。

ネバーエンディングハウスクリーニング

さて、部屋掃除三日目です。

天気は良かったんだけども、窓は拭かなかった、いや、拭けなかった。

すなわち、収納場所移動、配置換えと、それに伴うゴミの出現で、

今日一日をつぶしたのでした。自分、とろい!!

しかし、どうしてもゴミは出てくるのです。

よりによって、ゴミ分別に困るようなガラクタばっかりゴチャゴチャいっぱい…

いやぁ、でもさすがにゴミとの格闘も三日目になると、

思い切りの良さが違うね!! 今日もいっぱい捨ててやったぜ!!

更に、デッドスペースをつぶすように、収納の配置を変えたので、

またスペースが出現。

むしろ、変にぽっかり空間が空いてたりして、

もったいないし、見栄えもよろしくなくなりました。予想通り。

しかも、なぜか収納に入りきらない服が出現。

あんなに捨てたのに、なぜ。

てなわけで、掃除は一通り片付きましたが、

あたしのお部屋改革はまだ終わらないのでした。

お花を飾る余裕が出てくるのはまだちょっと先のことのようです。

でもそれはまた別のお話……

あ、そういや窓拭き残ってんじゃんね…イヤハヤ。

淑女はバスタイムがお好き

淑女というには、あたしはガキンチョですが。

お風呂タイムが満たされてると、本当にシアワセ…w

で、LUSH製品初体験の感想です。

今回は、せっけんとパックを使用。

バスボムは勿体ないので、折を見て使うことにします。(貧乏性)

せっけんは「アルカマー」という製品で、

見た目はお豆腐みたいな白い直方体。

そして、あまーいお花のにおい。スイカズラとジャスミンとのこと。

正直、あたしは甘いにおいはちょっと苦手。

無印の泡立てネット(ボディ用)で泡立てると、

きめ細かい、もったりしたやわらかい泡ができたよ。

このねっとりもったり感が、洗ってて気持ちいいのねー。

でも泡切れは素早くて、お肌はしっとりすべすべになりました

洗い流すとき、においがふっと凄く良くなる!! なんでだろ?

この瞬間的にいいにおいって、すごーく好き。ポイント高いです。

せっけん自体はちょっと溶けやすいかも

湿度の高いところに置きっぱなしにすると、あっという間に減りそうです。

お次はゆったり湯船に浸かりながら、

ウルトラフレッシュフリッジ「人魚姫」でパック。

感触は小麦粉を硬めに練った感じ。

そのままではうまく肌に伸びないので、数滴水を足して柔らかくしました。

なんか、緑色のつぶつぶが入っていて、その感触が気持ちいいような悪いような。

海草かしら~?と思ったけど、ばらの花びらなんだって。贅沢。

においは結構強め。エッセンシャルオイル直に嗅いだみたいな感じ。

苦手な人はこの10分はきついかもなぁって思った。

で、洗い流すんだけど、これもまた洗い流すときのにおいが

すっごくいいにおいになるの~。不思議。

そして、すごく肌がしっとりやわらかに!! 化粧水たっぷりつけたあとみたい。

これは勝負前に使うとばっちりです、きっと。

**********

総じて、評価は◎です。

下手なメーカーものよりよっぽど使い心地いいですもの。

においもね、人工的なにおいじゃないの。

だから、変なものは入ってないなっていうのが感覚的に分かる感じ。

これは賛美両論分かれるとこかもしれないかな。

LUSHは製品の種類も多いので、これからもいろいろ使ってみたいです。

特にボディソープは種類豊富で嬉しい。

固形せっけん以外にも、ホイップ、リキッド、バター、ゼリータイプなど。

見た目もカラフルで楽しいので、プレゼントにも良さそうですね。

それにしても、東北の中心たるうちの県になぜ店舗がないの……(涙)

Let's LUSH!!

野菜や果物を原料にして、せっけんや入浴剤などを手作りしている

バスコスメのお店「LUSH」。

今日はネットで注文していたLUSHの商品が届きました~!

あたしの住んでいる県にはLUSHの店舗がないので、

すごーく楽しみにしてたの。

今日届いたのは

発泡タイプの入浴剤・バスボムの「アクアフライング」(ラベンダーとウイキョウの香り)。

固形せっけんの「アルカマー」(スイカズラとジャスミンの香り)。

保存料なし、生のパック・ウルトラフレッシュフリッジの「人魚姫」(海草入り、しっとりタイプ)。

部屋掃除でヘロヘロになったので、今夜のバスタイムは豪華にいきますよ!

使用感などはまた後日。

Photo_30 うーん、わかりにくい写真…。

←左から、アクアフライングアルカマー人魚姫

ラッシュの商品は名前も見た目も楽しいよw

tabula rasa

さて、部屋掃除二日目です。

予定通り、洗濯、靴の手入れ、紙類の整理、本棚の整理を行いました。

しっかし、紙にはてこずったです。

あるね、紙。

昨日の服にも増して凄い量だった。

とりあえず、いるいらないで分類しないといけないので、

とりあえず、ありとあらゆるところから紙を引っ張り出した。

結果、呆然。

本当に散らかると、あたしは思考が停止するようで。

もうほんとどうしていいか分からなくなって、立ち尽くしました。

これ、大掛かりに部屋を片付けるときはいつもなる状態。

で、なかなか片付かないのだ。

だから、部屋の掃除って嫌いなの…。自業自得。

いかに普段の整理整頓できてないかっていうことだねー。

いやぁ、片付けられないって、損なことだね!!(元気よくいうことでもない)

でも頑張って捨てるだけ捨て、そして部屋を人が暮らせる状態には片付けました。

ほんと、いっぱい捨てただけあってスペースは増えた。

でもその空きスペースをいかに上手に使うかっていうのが、

「自分の部屋」を構築する上でネックになるんだよね。きっと。

これまた苦手……(泣)

多分、納得いくまでやったら明日じゃ終わらないでしょうな。

でも、なんとか花が飾れる部屋として

格好つくくらいにはできるといいな…。

**********

明日の予定

①ゴミ捨て。寝坊しないように。

②天気がよければ、窓掃除。

③簡単な模様替え、配置換え、収納場所移動など。

灰塵集

恥ずかしながらあたしは、

THE・片付けられない女

です。

片付けるにしても、その頻度は非常に低い。

てなわけで、部屋にはいろんなものがたまっておりますです。

4月になりました。

お花が綺麗な季節です。

是非、あたしの部屋にもお花を飾りたい。

そんな気持ちがムクムクと膨れ上がって、しかしまず思うのは、

(…あの部屋に花を飾っても、花が可哀相である)

っていうことです。

↑今書いていて、あまりにも真実味があってビックリした。

それでは、と勇気を出して、本日いよいよ部屋の掃除に着手しました!

絶対一日では終わらないし、自分自身にも気持ちの余裕を持たせるために、

3日に渡って掃除したいと思います。

今日のメニューは以下↓

・いらないものを捨てる① 衣料、雑貨編

チェストや洋服ダンスなどの中を整理し、

とりあえず、いるもの・いらないものを分別する。

片付けられない人は捨てられない人、とよく言うけど、

本当です。

「まだ使うかも」「もったいない」「まあいいか」…と思って幾年月。

それが積み重なって部屋に溢れかえるのだ。

自分でも物の多い部屋だと思います。だからゴチャゴチャするのねー。

特にあたしの場合服です。

そんなに量買うわけじゃないのに、着ない服がどんどん箪笥の肥やしに。

今日はすごく思い切って大胆に整理したところ、

なんとゴミ袋(大)二つ分になったんでがすど!

それは廃品回収に出せるような状態の服で、

燃えるゴミ行きになったものも合わせれば、もっとあるんです。

おかげで、収納スペースが超拡大。気分もすっきりです。

あとは目に付いたいらないものも処分致しました。

でも、未だに捨てられないもの、たまっているもの、それは…

・使っていないおみやげ ・ポケットティッシュ

特におみやげ! 匂い袋、キーホルダーストラップなど類似品ゴロゴロ。

もったいないけど、使い道はなし。

でも捨てるのは忍びない…どうしたらいいんだ。

*********

さて、明日の部屋掃除の予定。

①天気がよければ、洗濯する。ウール品を洗ってしまうこと。

②天気がよければ、靴の手入れ。使わないものはしまうこと。

③紙類の整理。これも捨てないとたまる一方。

④本棚の整理。

明後日の予定。

①天気がよければ窓掃除。

②簡単な模様替え、収納場所移動など。

白鳥はかなしからずや

洋楽聴き始めの頃、姉の旦那さまにCDをたくさん借りました。

彼(あたしより20近く年上だ)は古今東西のロックポップスジャズetc…が

メジャーマイナーを問わずにお好きで、しかも詳しいのです。

いい人を得た、と密かに姉を誉めました。

そんな彼のコレクションの中で、あたしが一番気に入ったのは

Circle

「Circle」(Swan Dive)

だった。

まずユニット名が美しいし、ジャケも可愛い。

SwanDiveはアメリカの男女ポップデュオ。

アメリカのSwing Out Sisterなんて評されていました。CDの帯で。

でも、明らかにマイナー。

でも、お義兄さんのお薦めだった。

一曲目でもうかなり心を掴まれた。

なんだか懐かしい雰囲気の曲調。

でもありきたりじゃない、あんまり聴いたことないような。

歌詞はやわらかな曲調に比して、ほんのちょっと毒があったり、

客観的で冷静な視点だったり。ドラマチックだったり。

声は男女とも透明感があって、明るい感じ。

あーひょっとしてPopsってこういうやつのこというのかな~?って思いました。

で、このアルバムには捨て曲がなかった。

50分足らず、あっという間に聴けてしまって、

「んじゃもっかい」ってことになるのです。

しかも、飽きないんだ、コレ。

(あたしは何年もこのアルバムを目覚ましCDとして有難く使ってきたが、

最後まで聴きたくなって、朝の支度が遅くなるのが難点であった…)

あたしが特に好きなのは③「Goodbye September」と⑪「Sweet Enemy」。

⑤「Ordinary Day」はボサノヴァっぽい感じで、

有線でかかってるのを聴いたことがあるよ。

SwanDiveのアルバムは他はざっとしか聴いてないものが多いけど、

やっぱりこの「Circle」が珠玉の一品だと思う。

マイナーを馬鹿にしてはいかん。ホントお薦め。

ituneで購入できます。ジャンルは何故かロック。

ituneのジャンル分けって、何に基づいてるんだろうね…当てにならないこと多々。

メモ:4月1日の庭

我が家の庭のきれいどころ

Haru_1 Photo_28 Photo_29 クロッカス、スイセン、ツバキ、ツツジ

花の名前

今日は四月に相応しい陽気とお天気。

コートも羽織る必要なし、日傘をさす必要もなし。

加えて日曜日。

これはもう散歩するしかねえ!!

と意気込んで、お昼過ぎに家の近くを散歩してきました。

テーマは「純粋な散歩」。

お買い物もお茶もしません。

①農学部

我が家から歩いて15分ほどの距離に、T大学農学部キャンパスがあります。

なぜ車がびゅんびゅん走り、マンションがいっぱい建ってる街中に

農学部があるのかは、わからない。

Photo_15 ←ヤギ二頭、わかりますかー?

これは農学部の放牧場(と言っても小さなスペース)で

いつもはもっといっぱいのヒツジヤギがいるんだけど、

今日はなぜか二匹だけしかいませんでした。残念。

②花屋さん

Photo_18 Photo_19 小さな花屋さんを発見。

どうやら今日はお休みのよう。

ガラス戸から売り物のお花が見えるのが

きれいで、覗き込んで撮っちゃった。

他の人から見たら、怪しいでしょうねえ…あたし。

③お化け屋敷

Photo_20 ここのおうちはあたしが物心つく頃から、ずーっとこうです。

もう誰も住んでなくて、荒れっぱなし。

だからと言って取り壊すわけでもない。

しかし、いつ見てもコワイ雰囲気だ…別に怪談めいたことは何もないんだけどね~。

④これはステキ

Photo_21 今日一番のヒット!!

まあるくぽんぽんとした形と、

いかにも春めいた黄色に吸い寄せられてしまった。

Photo_23 かわいいでしょ~??

沈丁花みたいに見えるけど、香りはないです。

なんていう名前の花なんでしょうか。

⑤にゃんこちゃん

Photo_24 ここのおうちの門の前にいましたが、

多分野良ちゃんだね。まだ若い猫。警戒してます。

でも、猫って相当近くまで近寄らないと逃げないよね。

スリルを楽しんでいるのかなー。

⑥おろしたての靴

Photo_25 黒のクロコ模様型押し、オープントゥ、ヒール5cmほど。

ひと月前くらいに通販で買ったんだけど、

履く機会がなかなかなくって。

で、今日のお散歩がチャンスと、やっとおろしました。

ちょっと靴ずれたが、3900円でこの程度なら、気にするほどのことではないな。

よしよし。

大体小一時間歩きましたか。

ホントぶらぶら歩いただけだったけど、なかなか実りあるお散歩でした。

あー気持ちよかった♪

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »