« わかば | トップページ | rest in peace »

22.5

最近かかとにヒビが入ってきた。

まだ痛かったり、がさがさになったりはしてないけど、

恐らく将来ストッキングを破ることになるであろう、その兆候に間違いない。

我が家の(あたしを除く)女たちは皆かかとのがさがさと戦ってきた。

今まであたしにはその気配が微塵もなく、

羨望と憎悪(言いすぎ)の対象となっていたものだが、

嗚呼、遂にあたしにもそれがやってきたのだ……!!

今度ボディショップ行ったら、かかとケアグッズ買おう。

何事も早めの対処が事態の悪化を防ぐのである。ウム。

向田邦子の「阿修羅のごとく」でもかかとに関する場面があった。

うろ覚えなんだけど、

鏡割りをして、割った餅をおかきにしようと揚げている四姉妹たち。

「鏡割りをすると、お母さんのかかとを思い出す」

など笑いながら話していると、長女だったか四女だったかが、

「女の人がかかとの手入れしてるかどうかで、夫婦仲が分かるんだって。してないと、ご無沙汰らしいよ」

次女(既婚、しかし夫に不倫疑惑)がへえー、とか言いながら、

密かに足をもじもじさせるショットが次に来る。

すごく可笑しいんだけど、大人の冗談でちょっと粋。

実はこの場面は複線で、その後しばらくして、

次女のかかとのがさがさ故に伝染を起こしているストッキングを

発見した夫(実際不倫してるのだ、この夫)が、

不意にそこから手を入れてストッキングびりびり破りながら

ベッドシーンっぽくなる場面がある。戸惑いつつ身を任せる妻。

これおおっぴらにいやらしくないように上手くカット振り分けてあるんだけど、

すごーく官能的でどきどきする。

ほんと、こういう「匂わせる」「連想させる」「何気ない」「ありうる」「ごく自然」

という描き方が向田邦子は物凄く上手い。

本当に稀有な才能だと思う。

「阿修羅のごとく」は近年映画化もされているけど、

昔NHKで連続ドラマとしてやってたやつの方が断然面白いよ!

見て損はありません。太鼓判押します。

« わかば | トップページ | rest in peace »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303499/6182142

この記事へのトラックバック一覧です: 22.5:

« わかば | トップページ | rest in peace »