« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

雨のせいにしてしまおう

今日はなぜかすごく疲れたー。

あたしより何倍も忙しくしてるひとが周りにいっぱいいるのに、

こんなこと言うと叱られそうだけど、

今日はなんでもない日だったけどすごく疲れたー。

ひとにいっぱい会ってすごく嬉しかったし、

美味しいケーキ食べて友だちと楽しく喋ったのに。

身体が倦怠感でいっぱいでだるいし、

顔の筋肉もなんだかだるい。(これはいっぱい笑ったせいかなぁ)

なんていうか、ストレス物質が身体に滞留してる感じ…

明日はスッキリ目覚められない予感。

心のほうはわりと元気なんですけどね。

一因は天気のせいかな~?

肌寒いんだけど、湿度が高いせいでむしむしして気持ち悪い日でした。

弱い雨が降ったりやんだりで。

明日もこんな感じなのかなぁ~……

こういうとき、ノラ・ジョーンズの歌は霊験あらたかに効く。

聴いてるといい具合にリラックスできるんだよねぇ。

さすがハニースモーキーヴォイス。

the acousticsの魔法

今日はCD買いの日でもありました。

HMVのカード満点になってたやつの期限がもうすぐだったので。

買ったのは

・fountains of wayne「trafic and weather」

・MAROON5「it won't be soon before long.」

でした。

まず、fountainsのほう。

Photo_64 こりゃヤバイです。好みだ、この音。

視聴して結構良くて、

まぁいいかな、くらいの気持ちで購入したんですけど、

家でアルバム通して聴いて、

このポップロックさ(笑)加減はいい、と思った。かなりツボ。

これは久々に風通しのいいアルバムを手に入れたという感じ。

やっぱりメロディックなのって、あたしの中で大事だということがよく分かった。

特に良かったのが①someone to love ⑪the hotel majestic かな。

①は完璧キラーチューンですね。

次点が③⑨⑫。

で、MAROON5のほう。

Five HMVで試聴したのは先週だったんだけど、

雰囲気が随分変わっていて、

でも一発目でかなり聴かせる感じだったので、

安心して購入できました。

ただ、「ジャミロクワイっぽい」という感想です(これはけなしてるんじゃないよ!)。

クラブっぽいっていうか、なんていうんですかねぇ、あの感じ。

POPには「ロックとR&Bのいい感じの融合~」みたいな文句がありました。

確かに前作からメロウな雰囲気はあったね、言われてみると。

近作はよりそれが強くなって、サウンドもよりデジタルになった感じ。

ロックバンドっぽさはかなり薄い。

ホント「ジャミロクワイ寄り」ってのが自分の中で非常にしっくりきています。

そればっかりじゃないけど、その印象は強いなー。

それは好みの問題で、アルバム自体は上出来だと思う。

でもねー、やっぱり前作みたいにキラーチューンごっそり、ではない。

仕方ないとは思いますが(前作の出来は奇跡的ですもの)。

ただまだ何回も聴いてないので、まだまだ分かりません。

MAROON5は何事も鰻上りっていう特徴あるしね(^皿^)b

しっかし、何回も言いますが、HMVの試聴機の音質は良過ぎです。

あれはマジックとしか言いようがないと思う。

あの音質がかなり売り上げに貢献してることは間違いないと思う。

あれ欲しいなー!!

espressivo!

Photo_63 11月のピアノの発表会の曲が決まりました。

メンデルスゾーンの「Rondo capriccioso」。

大曲なので早めに譜読みをした方がいいという先生のアドバイスで

今日楽譜を買ってきました。

音の方も、別の演奏者で2つ、iTunesで買いました(こういうとき便利だ、iTunes)。

……うーん、かっこいい!!

長いけど、ドラマティック。嵐のような情熱的な曲。

でも、あたし弾けるんか、これ。

という不安も嵐のように押し寄せてきます。

華麗で目の回りそうなアルペジオ、高層ビルの階段を駆け上がるようなスケール、

そして感情の全てを爆発させるようなオクターブ。

技巧も嵐めいてます。

たった5ヶ月でこれを弾き、暗譜するのか。

そして、これを卒論(と就活)と並行で練習するのか、間に合うのか。

うーん、不安……

でも頑張ると不細工ながらもなんとか形になるのが、

発表会用に与えられる曲なのです。

今までもそうだった。

だから、年に一度の発表会は(というより人前で演奏することは)

スキルアップやモチベーションを高めるために

すごく大事なことだし、必要なことだと思う。

努力が形になる、というのをあたしはピアノを通して知った気がするなぁ。

それを知ったのはごく最近なんですけどね(^_^;)

la bella luna

ここんところ、なんだか腹立てやすかったり、あんまり元気になれなくて、

なんだかなぁと思っていたら、

どうやらPMSだったようです。

と言ってもあたしの場合ごく軽いんだけど。

(PMSってなあに?という方はこちらを参照。→http://www.geocities.jp/fragile_pms/)

そう気付いてしまえば、なあんだ、そうだったんだ、と思えて、

それだけで心が軽くなるんだから不思議なもんです。

身体症状(鈍い頭痛や、鈍い腹痛、鈍い腰痛)はこれから来ますが、

それもあたしの場合ごく軽いので、殆ど問題にはなりません。

周囲の人たちは、それで本当に辛そうなひとが多いので、

なんだか申し訳なくなってしまうくらい。

思春期に症状が重いひとなんか、ホント大変でしょうね。

あたしは、もっと年齢が低い頃は症状は全くなかったので、

ただ単に煩わしいめんどくさいくらいにしか思ってなかったのですが、

最近少し症状が出てきて、ようやく分かってきました。

あと、

男の人にはわかんないだろうなぁ、としみじみ思います。

だから男女のどっちがどう、っていうことじゃないけど、

女の身体が作られていくということは空恐ろしく、また大変なことであることよ(詠嘆)。

とりあえず、嵐が過ぎ去るのをじっと待つしかありません。

明日は、なんか甘いもんでも食べに行こうかな、と思っている次第でありました。

Sound of heaven ringing just for you

ゴシップ続報です。

RHCPアンソニー・キーディスはまだ結婚していないそうです。

ただ彼女の妊娠は本当で、結構お腹が大きくなっています。

彼女はヘザーという名前のモデルさんで(苗字がわからん)、20歳だそうです。

日本のファンサイト大御所の「mine-D's SPICE!」様のところに写真が載ってます。

http://www.mine-d.com/spice.html

前にも書いたけど、アンソニーが家族を作れるとは思ってなかった。

そうやってささやかな幸せを自分のものにできるタイプだとは思えなかったのです。

それは過酷で過激で尋常じゃない幼少期の育ちや、

半端ではない薬物中毒に陥っていた過去があるから。

それを乗り越えてきて、今のアンソニーがあるわけだけれど、

(よく這い上がって来れたと思う。沢山の人に勇気を与えられることだ)

あたしは彼はそれを負い目として感じているようなところがあるなぁと思ってた。(歌詞とかから)

だから、逆に、嬉しそうに彼女のお腹に手をやる写真を見て、

少し安心したのです。

これからどうなっていくのか、それは少し不安だけれども。

とにかく、アンソニーおめでとう。がんばってね。

酔いどれ

Photo_62 えーにおい!!

マグノリアの香りのアロマキャンドル。

ろうそくの火って意外と明るいのね。

はじめに火を見つけたのは誰だったんかな。

火事にしないように気をつけよ。

change the (tiny) world

気分転換と申しますか、ブログのデザイン変えてみました!

どう? シンプルだけど色合いとか可愛いっしょ~?

昨日買ったばらですが、

キャラメルアンティークの香りが大分薄れてきました…残念。

もともと結構開いてたし、切花だから仕方ないんだけどね。

でも、やっぱり姿が美しいです。だから許せる。

サラもそうだけど、お椀型の花の形は横から見ても上から見てもきれい。

あたしはいわゆるモダンローズに多い剣弁高芯(花びらの先端が尖っていて、花の中心が高くなっている)の形は正直あまり好きではないのです。

でもオールドローズやその特徴を強調したイングリッシュやアンティークは、

切花ではあまり多く見られない気がします。

やっぱり土に植えられてるのが一番いいってことなんでしょうねぇ。

なんか最近ばらの話ばっかりしてる気がします(^^;)

シエスタ

昨日は東京で面接、今日も午前から地元で面接があって、

昼過ぎくらいに家に帰ってきて、

ご飯食べて、居間のソファに倒れこみました。

何せ、暑い。

昨日の東京も暑かったが、今日の地元も暑かった。

気温高くてもからっとしてるから、平服なら気持ちいいんだろうけど、

スーツは暑いですわ……サラリーマンって偉い。

二時間ちょいくらい昼寝をして、

ご褒美ばらを買いに出かけました。

4時を過ぎているのに結構日差しが強かった。ほんとに半袖で十分だわー。

で、買ってきたよ~♪

Photo_60 Hirari大きいほうが「キャラメルアンティーク」、小さいほうが「サラ」。

合計788円でした。

横から撮ったのと上から撮ったので

雰囲気随分違いますけど、おんなじものです。

光の加減もあるのかな。

部屋になんとも言えないあまーい匂いが漂ってます。

こないだ買ったやつとはまたかなり違うタイプの匂い。

ばらはまた、匂いも分類されてるらしい。ダマスクとかティーとか。

これも交配が大きな鍵を握るんですね。すごいと言うかなんと言うか。

でも匂いは、さすがに実際嗅いだ経験がないと識別できないよなぁ…

さて、今週は金曜までに卒論題目発表会のレジュメを仕上げねばなりません。

ばらも買ったことだし、がんばろっと。

う、はうまいものの、う。

あたしは食べることが大好きです。

最近美味しかったもの、食べたいもののメモ。

・kiri クリームチーズ

最近ついついお酒のつまみに欲しくなる。

クラッカーとかに塗っても美味いけど、そのまま食べるのが一番好き。

クリームチーズはお菓子作りに使うものっていうイメージだったけど、

kiri食べてそれが払拭された。

チーズだったら、モッツァレラも好き。あとカマンベール。

ブルーチーズはご無沙汰。ちょっと高いので。でも好き。

基本チーズは何でも好きです。

・京都七味屋の七味唐辛子

うちでそばやうどんを食べるときは必ずこれかけて食べる。

あまりにいい香り、味を引き立てるので、いつもかけ過ぎる。

きゅうりとか白菜の漬物にかけても美味しい。

スパイスでいうと、柚子胡椒も好き。

あれはほんのちょっと入れただけでもかなり辛いけど、癖になる。

ただ、使い道をあまり知らないので、ちょっと使ってだけでずっと冷蔵庫に…

そんなに悪くはならないとは思いますが。

・ベビースタードデカイラーメン

ベビースターは何でも美味しいですが、ドデカイラーメンは食べやすくていい。

これに鉄板焼ソース味があって、いかにもソース味ってとこにハマル。

ただ、どこ行ってもあるわけじゃないのが辛いところ。

たまに98円で売ってたりしますけどね。

・ハーゲンダッツ

ご褒美はハーゲンダッツ、というのがあたしの定番。

なんてったって高いもん。でも美味いもん。

味は抹茶やキャラメルが好き。

クリスピーのやつで、ロイヤルミルクティーがあったけどあれも美味かった。

新商品の「ドルチェ」シリーズも気になりますな。

大体CMがいいよね、ハーゲンダッツ。食べたくなる。

・ひつまぶし

「でぶや」かなんかで見たのがきっかけかな?

うなぎは前から好きだけど、あんな食べ方してみたーい!

と憧れを抱き続けて現在に至る。

果たして東北のうなぎ屋さんにもこのメニューはあるんだろうか。

にくにくしいはなし

肉、といわれて思い浮かべる肉。

あたしの場合、それは鶏肉です。

だから「肉が食べたい」と思ったとき脳内に浮かぶイメージは

親子丼であり、唐揚げであり、焼き鳥であるわけです。

皆さんは如何でしょうか。

鶏肉ってなんでこんなに美味しい部分ばっかりなんだろうと思う。

肉ばかりでなく、皮も美味いし、軟骨も美味いし、砂肝もハツも美味いもんなぁ。

最近の発見したのは「せせり」という部位。

どうやら首のあたりの肉のことを言うらしい。

それを串焼きにしたやつを生協の宅配カタログで母が見つけて購入したのだが、

これがまた美味かった。

塩と胡椒とレモン汁なんかで食べるのが良いと思う。

あとこないだ久しぶりにケンタッキーのフライドチキンを食べた。

あれはあったかいうちが勝負としか言いようがないね。

冷めるともう駄目(なんでもそうか)。

でもたまに食べるといかにも肉を食ったという満足感でいっぱいになる。

そういえば、昨日の昼ごはんチキンステーキだったな。

そして、今夜の晩ごはんの煮物にやらかーい鶏肉がいっぱい入ってた。

一体この一週間で何グラムの鶏だった部分があたしの血肉になったのだろう。

ありがたやありがたや。

焼き鳥屋には久しく行っていない。

次の飲みは焼き鳥屋がいいな。

epitaph

今日の出来事。

①10:00 美容院に行く。

かなり短くなって、いい感じ。軽い。

しかも今日(金曜)は学生はカラーが30%オフの日だった。

ラッキー★

②12:00 父と母と某ファミレスへ。

今日は父が休みの日なので、久しぶりに3人で外食。

といっても、安いファミレスだけどね。

割引券があったから多分3人で2,000円もしなかったと思う。

でも、あそこは不味くないと思うな。Mという店。

帰りはあたしの運転でした。やっぱりバックがさっぱり駄目です。

③14:00 洗濯

天気が悪いやら、家族の洗濯物がいっぱいあるやらで、

洗濯物がたまっていたが(自分のは自分でやってるので)

やーっと洗濯できた。

一人分とはいえ、すごい量でした。

洗濯すると、なぜか気分が上昇する。なんでかな。

④16:00 自転車で外出

目的は2つ。墓参りと、木のおもちゃと絵本の店に行くこと。

お墓とその店の距離はすごく近いのだ。

墓参りは久しぶり。お彼岸にも来なかったの。罰当たり。

さすがに平日の午後だし、人気が少なかった。

天気もいいし、静かだし、お墓といっても気持ち良いものです。

ほんとは桜の時期に来たかったが。きれいなんだよ。

お墓にも、新しい花を買っていけばよかった。

あたしってば、気が利かないんだから。

おじいちゃん、ごめんね。

墓参りを終えたら、絵本のお店へ。

うちの地元では老舗で、しかも有名。

あたしも大好きなお店なの。

そこで「ももいろのきりん」という本を買った。

「すてきなさんにんぐみ」と迷ったけど、やっぱりキリンが強かった。

本当は「すきすきだいすき」という本が欲しかったのだが、

ないようでした。残念。

○総評。

いい一日でした。

ロック大臣

いやぁ、youtubeは便利だな。

PVってなかなか観れそうで観れないもんねー。

お気に入りはRedHotChiliPeppersの「Can't stop」。

デスノート主題歌にもなった「Dani California」も面白い作りです。

そして。

久し振りにLenny Kravitzの「Are you Gonna go my way」を観たんだけど、

やっぱいいー!

これ、タイトル知らなくても聴けば絶対分かる曲の定番の一つね。

ちょっと前にも車のCMで使われてましたっけ。

基本的にレ兄(敬意を込めてこう呼ばしてもらう)のアップテンポロックチューンは

バッキバキに骨太で、硬派で、(確かにブラックの人でここまでロックロックなひとはあまりいない気がする)

すごい量のアドレナリンを放出させるものばっかりだけど、

この曲は特にそうだなぁと思う。

で、PVもいいわけなのだ。

映像としてはあまり捻りはない。

演奏しているところを観客が観てるってだけなんだけど、

印象に残る、そしてテンションの上がるPV。

多分それは衣装とか、装置とか、効果とか、

「見せ方」が洗練されているためなんだと思う。

センスで真っ向勝負!という感じ。

監督はマーク・ロマネック。

(調べてみると他にもリンキンパーク、ウィーザー、デヴィッドボウイ、ソニックユース、マドンナ等等、そうそうたる面々のPV撮ってるのね。あ、「Can't stop」もこの人じゃん! そっかー、なんか納得。)

去年?監督別PV集みたいなのが出てましたね。

それに乗じてベストヒットUSAで「Are you~」の映像が流れて、

観たのはそれが最初でした。

レ兄はファッションもお洒落だ。派手だけど似合ってる。

しっかし、レッチリといい、レ兄といい、

あちらのミュージシャンで脱ぐ人はマッチョ、ってか、

結構立派に身体作ってるひとが多い、というのは偏見か。

日本の人は、ひょろひょろでも脱いだりはだけたりしてるような気がするけど、

あちらのひとはあんまり…

あ、イギー・ポップやデヴィッド・ボウイは全然マッチョではないな!(笑)

スイートビター

今日学んだこと。

キャラメルシロップは紅茶には合わない。

少なくとも、入れ過ぎはよくない。

自分でしたこととは言え、あれは酷かったです。

今日もお花屋さんを冷やかしてきた。

本当に楽しいウィンドウショッピングです。

今日は前回目を奪われた茶色いばらたちはなかった。

やっぱり花もナマモノですからね、その日によって何があるかってのは

行ってみないと分からないのですよ。

しかし、ちょっと前から目をつけていた「キャラメルアンティーク」というばらを発見!!

Caramel ←これ! どーだいこれ!!

この色、この形。

あたし、こーいうのが好きなんですよー!!

うひゃーたまらーん。

ただこのばらは結構大輪なので、切花で楽しむのは難しいかなぁとは思う。

ステムが強いといいのですが。

いずれにせよ、次はこの方に決定です♪

そのときにちゃんとあるといいな。

子供は子供だった頃

ヴィム・ヴェンダース監督「ベルリン・天使の詩」。Photo_59 

初めて観たときに、あまりの美しさに恍惚となった映像作品です。

それが昨日BSでやっていたので、思わず観てしまった。

相変わらず、美しい。

天使たちが人間に寄り添って、

その心の声を聴くシーンは本当に胸をぎゅっと掴まれる気持ちになる。

天使はそれだけしかできないの。

その人の生活を良い方にもっていくことは、できない。

そしてある日、

サーカスのブランコ乗りに恋をした天使は、天使であることを捨てるのです。

……というおはなし。現代のファンタジーです。

ストーリーはゆったりと流れて、しかも全然説明的じゃないので、

苦手な人は多いでしょうけど。

でも、すごくすごく、美しいのです。

劇中に度々挿入される詩も映画の印象にあっているし、

天使の意匠もオリジナリティがあるし、

コロンボ刑事ことピーター・フォークが本人役を演じているのも面白いです。

(ちなみにこの映画のアメリカ版リメイクが「シティ・オブ・エンジェル」なんだそうな。

観てないけど。へー。)

エンドロールの前に「to be continue…」と出るのがまた印象的。

実はこれには「時の翼に乗って」という続編があるのです。

前、「ベルリン~」を観る前に本で読んだことがあるけど、詳しい内容忘れちゃった。

観たいけど、レンタルショップに置いてあるんでしょうかね…。

ミス

なぜか、人恋しくなるときがある。

(これっていわゆる女のバイオリズムのせいなのか、どうか)

こういうときはぼーっとしていても、

いろいろ思い出すもんだ。

若気の至り、とかを。

今も若いけど、もっともっと、ガキで、脳味噌が春だった頃の話であるよ。

誰だか忘れたけど

「若いってことはかっこ悪いことなんだから」

って言ってたな。

「だから、かっこ悪いことに気付いたら、かっこいい大人に一歩近づいたと思って喜べ」

って。

……それでも、思い出すとかっこ悪い、恥ずかしいことは、

やっぱり今思い出してもバツ悪くなるよー。

でも、あのときくらい素直になれるんなら、

ひょっとしたら、この人恋しさには効くのかもしれない。

などと思う。

やれやれ。

Sparkle☆

母の日でしたので、

おかあさんにプレゼント。

AgathaPhoto_57いいじゃーん!

我ながら良いセレクトではないかと。

母も喜んでくれました。

使ってねv

AGATHAのアクセサリーはいろんなテイストがあって良いです。

カジュアルなものから、シックなものまで。

ディスプレイ見てて楽しい。

http://www.agatha.co.jp/index2.html

あたしも欲しいよー、きらきら。

ゴシップ

レッドホットチリペッパーズのフロントマン、

アンソニー・キーディス(44)が結婚していたらしい。

「俺の妻も妊娠してる」って言ってる!!

http://www.mtvjapan.com/music/interview/music_interview_detail.php?interview_id=140&pageid=2

えー、知らなかった。

アンソ兄(敬意を込めてそう呼ばしてもらう)と言えば、

女性関係が派手で、しかも一人に落ち着いてないってイメージだったので……

結婚なんかできないタイプだと思ってたよー。

モデルのジェシカ・スタム(20)と付き合ってるってのは、

去年何かのファッション誌で読んだけど、相手は彼女なんですかね???

いやぁ、驚いた。

F

Photo_52 I FOUND a nice FLOWERshop today(FRIDAY).

そこは、うちから自転車で10分もかからないところにあり、

且、置いてあるばらの種類が豊富だった。

最高!!

↑これが今日買ったばら。420円。↓Photo_55

赤が欲しかったんだけど、

あまりに真紅だったり深紅だったりすると

あたしの部屋にはゴージャス過ぎるので、

朱赤のカジュアルな雰囲気のものにしてみました。

あ、名前確かめるの忘れた……。

前にも書いたけど、

花屋さんではなかなか思ったようなばらにはめぐり会えない。

でも、今日見つけたお店は欲しいのが多すぎて迷うくらい豊富だった。

花色、花型、花径など様々。

あたしの大好きなカップ咲き、やさしい杏色のものもあったし、

他の花屋さんではお目にかからなかった茶色(銅色)のもあった。

特に今の時期は多いらしいので、これからしばらくはばら三昧かも…v

しかし、ばらは種類が多い。

その分類法はいろいろあるらしいが、例をひとつ挙げれば、

「ハイブリッド・ティ」と呼ばれる交配品種の以前か以後かで

「オールド(クラシック)ローズ」「モダンローズ」の2つに大きく分けられるものがある。

オールドローズには原種、ダマスク、アルバ、ガリカ、ティー、チャイナなど、

モダンローズにはイングリッシュ、パティオ、フロリバンダ、アンティークなどがあり、

それぞれの種類に、香り、色、花の形や樹形などの特性があるんだそうだ。

(今日買ったものは、おそらくモダンローズでハイブリッド・ティ系じゃないだろか。形からいって、多分そうだと思うんだけど……自信はない)

米とか美味しい味になるように、あるいはいっぱいできるように、

冷害に強くなるように、交配させて、種類いろいろ作るでしょ?

あのノリですね。多分。

ヨーロッパでは十字軍の遠征や大航海時代などで原種が行き交うようになり、

あれこれと交配が始まった。

ただ鑑賞を楽しむだけ(が主軸)のものに人は昔から情熱を傾けてきたのです。

それだけ魅力があるってことなんだろうな。

ばら狂いの人が多いのも頷ける。

庭が広けりゃ、これだけいろいろあるんだもん、コレクションしたくなるよねー。

ま、ばらは命が短いし、病気や虫に弱いので、お世話は大変みたいですけど。

candy and rain

傘を発明したのは誰なんだろう。

便利なようで、邪魔になる。

けれどなくてはならないもの。なかったら困る。

多分形も昔とそんなに変わってないんじゃないかしら。

特許とってたら間違いなく億万長者ですよね!!(汚い発想)

最近ちゃんとした傘を使ってなくって、

もっぱらコンビニのビニール傘ばかりだったが、

なんか嫌だなぁと思っていた。

で、今日たまたま帰りがけに霧雨が降りだしたので、新しい傘を買ったのだ。

Photo_51 ……あれビニール傘じゃないですか。

でも、一応持ち手とか作りはしっかりしてますよ!!

大きさもたっぷりあるしね。

ソニプラで1995円でした。大散財です!!(傘買うにしては)

ちょっとファンシーすぎるかもと思ったけど、

雨の日に外に出るのがちょっと楽しくなるかなと思って購入決断。

雨関連で言うと、高校時代友だちと

「長靴はこのうえなく機能性に優れているのに、なぜお洒落なデザインはないのか」

ということで議論を交わし、

「ないならいっそ作ろう!」なんて冗談を言っていましたが、

実際昨今お洒落長靴大ブームですよね。

エミリオ・プッチとか高級ブランドからも出てるみたいだし。

あの頃のあたしらは流行の先を行っていたんだなぁ…なんて懐古致します。

なーんてね。

斯く云うあたしは未だにお洒落長靴を持っていませんがねー。

長靴がお洒落すぎて服と合わせるのがなかなか難しいので…

お洒落長靴をお洒落に履きこなしているひとは、

間違いなくお洒落上級者だね。

ライン

今日、通販の新しいカタログが届いた。

フェリシモの「haco.」。

通販雑誌は楽しいねぇ。

余計な広告ないし。気楽に見てられる。

で、その雑誌を見ながら、落書き。

たまに色鉛筆出してきてグリグリやるのも楽しい。

Photo_48 Photo_50

サン・スーシィ

そうだよ、今日は花買って帰ろうと思ってたんだよ。

……

でも、花の代わりに酒とつまみを買った。

大体同じ値段ですかね。

まぁ花と違って一晩しか楽しめないですけど。

ちょうど喉渇いてたんですね。(大した言い訳だ)

今日は健康診断で、体重見てため息ついたのにこのザマですわ。

ははは。

でも、うちの庭も花でいっぱいです。

ツバキもまだ花が残ってるし、雑草みたいな野菊とか、

都忘れに、一人静に、三色スミレに、ツツジに、あれこれと。

で、

Photo_47 牡丹も咲きました。

これも白にほんのりピンクが入って上品な色合い。

夕方なので閉じかけてますけどね。

そういえば、駅の傍の公園の藤棚もたっぷり花が下がってたっけ。

暑くなってくると切花は持ちが悪くなるので、

外で花を楽しむのもまた良いかもしれませんな。

てなわけで、

今夜は庭をうろつきながら晩酌だ。

made in under the sun

久しぶりに外に出た。

土曜と日曜はもーぉひたすら春眠暁を覚えずで、

寝てる時間が大半。今更ながら自分でも驚いてる。

それなのに、寝だめできてないって…

あたし、どうなってるんだ。

今日は暑い。ほんと半袖で十分。

普段あまり履かない黒いオープントゥのヒールをひっかけて、

いろいろ用を足して、帰りスーパーに寄る。

で、買っちゃった。

Pnk この透明なピンクちゃんを見よ。

カロリのピンクグレープフルーツだ!!

えー、今17時を回ったばかりですが、飲んでおります…。

スパークリングでピンクって反則だよね。しかもうまいし。

同属にニッカシードルのロゼがあったな。完璧ジャケ買いだった。

どういうわけだか、高校卒業あたりから、ピンクのものが好きになった。

お砂糖菓子みたいなあまーいやつは苦手だけど。

紅色。桃色、桜色。ばら色。鴇色。(日本語はきれいで、便利だ)

あたしの持ち物は黒が多く、それに合わせるには、もってこい。

女性ホルモンの分泌を促進する、とかっても、言うね。

おんなのこはなにでできてるの?

おさとう、スパイス、それからすてきなものぜんぶ。

は、

有名なマザーグースのうただけど、

じゃぁ、おんなはなにでできてるんだろうね?

くらくら

自分自身に備わってないからなのか、

ただ単に慣れてないだけなのか、

色気に弱いです。

今日もCMで見た伊原剛志兄さんがお酒を飲む横顔にやられました。

http://www.gekkeikan.co.jp/products/cm/index.html

こんなにおとこくさいひとなのにいろっぺーって、すごーい。ステキ。

男の人に関しましては、

横顔とか、手とか、腕とかがツボポイントです。

特に手には弱いです。

骨っぽい感じが…なぜかキュンとくる。

そのせいなのか、あたしは基本骨っぽいひと好きみたいです。

ところで色気とかセクシーとかって、

どういうもののことを言うのか。

色気:異性の気をひく性的魅力。

セクシー:性的魅力のあるさま。肉感的。(以上、広辞苑)

まぁ他にもイロイロあるけど、今話題にしてるのはこういう意味ですよね。

つまり、大元を辿れば、

繁殖に有利な条件の相手への提示であり、よりよい遺伝子を残すため相手を選ぶ際に重要な役割を果たす能力。

そういうことになる。

健康であること、生活に余裕があることを外見でアピールしていること。

でも、人間の場合、不健康そうなものにも色気を感じてしまう。

病的なひととか、案外あやしい色気があったりするでしょ? でしょ?

青白いのにー、とか。ガリガリなのにー、とか。年取ってるのにー、とか。

あと外見だけじゃなくて、雰囲気、空気感。

異性だけじゃなく、同性にも感じるし。

我々は現在かなり広いものを指して、色っぽいと言ってるんじゃないか。

(あたしは以前イーサン・ホーク主演の「ハムレット」の映画の

全体的な感想として「色っぽい」と思ったことがあった)

それは、人間が動物から一歩ステップアップして

大脳が発達したおかげなのかどうなのか、それは知りませんが。

ただ単に文学的にうまく使える表現にすぎないかもしれんがね。

ってか、あぁー、自分理屈っぽい説明すごい下手ですね!!

何言ってんのかサッパリだ。話落ちてないし。

知ってましたけど……これじゃあいかんわ。

オールド、ワイズ、グレートマザー

おかあさんが、好きです。

普段はうざったく感じたり、うるさいと思っていても、

結局おかあさんは、すごく大事で大好きなひとだと思う。

もうすぐ母の日だし、誕生日にちゃんとお祝いしてあげられなかったから、

何かぱーっとプレゼントしたいが、一体何がいいのか。

考えてみると、母の好みというのを、はっきりと知らないのだよー。

(大好きと言っておいて、それってどうなの!!)

なんとなくは分かるけど、これなら間違いない!という決め手がないのです。

花だったら、鉢物がいいだろうけど、具体的にどんな花か。

口紅は毎日使うものだし、喜ばれるのは確実だが、具体的にどんな色か。

何か料理を作ってあげようか、でも美味しいと食べてくれるのは何か。

旅? 資金が足りません……。

贈り物は、楽しいが難しい。

それが大切なひとへのものなら、特に。

贈り物に対する才能が欲しいなぁ…

稀に、恐ろしいほどそういう才能のあるひとがいるものです。

あたしの身近なところでいうと、それは姉だったりするのですが。

maiden

今日は父方の叔母のお家を訪問。

そのお宅はお庭がすごく立派で、お家と同じくらいの面積のお庭なのです。

叔父さんも叔母さんも、お花や植物が好きなひとで、

いろいろ考えられてお庭を造っているので、すごくきれいなお庭。

特にばらについては並々ならぬ情熱をお持ちでいらっしゃる。

今はまだ時期じゃないけれど、これが全部咲いたら凄いだろう、

という半端ない株の多さ。

種類もいろいろで、お手入れは大変みたいです。

きれいに見せるにはどう刈り込んだらいいのかとか、

香りの良いものほど虫に食われるとか、肥料はどういうのをやったらいいかとか、

他の植物との相性とか。その他いろいろ。

やっぱりあたしには切花が身の丈に合っているわ…根性なしだから。

虫はわりと平気だけど。

叔母さんは刺繍や編み物など、手芸がお得意で、

今日はレース編みの敷物を頂きました。

Photo_44 チェストの上、スワンの(元)石けん受けの下に敷いたら、

ピンクのばらもあいまって、乙女チックスペースに!!

Photo_45 レースの効果恐るべし。

スワニーさんも興味津々。

ちなみにスワニーさんの背中には、石けんの代わりに腕時計とリップクリームが乗っております。

大変塩梅がよろしいです。

My favorite things

5月6月の晴れている日は本当に美しくて、

あたしは「what a wonderful world!」状態になる。

特に夕方、日が落ちていく時間はうっとりするような美しさ。

いつの季節も夕暮れ時は例外なく美しいけれど、

やっぱり初夏は格別。

光と色に溢れているのに、それぞれが透明で、混濁しないことが不思議。

淡い青、紅色、そしてなんと言っても金色。

シャンパンみたいな金色だ。

そして、その光が作り出す影絵がまた素敵。

逆光だと、シルエットがくっきり浮かび上がって。

木の枝とか、絵のようだ。

気温も丁度いい。ひんやりとあたたかの丁度間。

薄いシャツがぴったりくる。それを通して感じる空気が気持ちいい。

匂いも好き。

晩ごはんの匂い。ばらの匂い。若葉の匂い。雨上がりの匂い。

お風呂の匂い。

今日の帰り道は、そんなものを満喫できるような時間でした。

Sunset_1

花の無い果実

今から約2000年前のこと。

ジーザスさん(30、住所不定)が歩いていると、イチジクの木を見つけました。

彼はちょうどお腹が減っていて、イチジクの実を食べようかな、と思ったのですが、

残念ながら季節はずれで実はなっていませんでした。彼は、

「なんだや、いきなし使えねこだ。今がらずっと誰もおめから実ぃ取って食わねがらわー(訳:なんだよ、超使えねえ。こののちいつまでも、お前から実を取って食べることがないように)」

と、冗談めかして言いました。

その次の日再びそこを通ると、そのイチジクは枯れていました。

弟子たちは驚いて言いました。

「おっしょさん、おめさんが呪ったイツズク、がおってがすどー!!(訳:先生、あなたが呪ったイチジクの木が枯れていますよ)」

以上、仙台弁で聖書物語でした。なまらせたのは趣味です!

イエスはユーモアで「誰も実を取って食べることがないように」と言ったのだが、

その言葉が現実のものになってしまった、彼にはそんな力があるのだ、

という話らしい。

つまりイエス本人にはイチジクを呪う気はなかったってことです。

実がなってないのにムカついて「枯れちゃえ!」って言ったわけじゃないんだって。

あたしは最初そうだと思ってた…。

季節はずれなのに怒るなんていくらなんでも理不尽だなぁ、と(笑)

昨日届いたLUSHの石けん、とりあえず「葉と果と」を開封しました。

これはイチジク入り。(上の話はイチジクつながりでした)

ホントにまるごとイチジクが入っているらしく、種のつぶつぶも入ってます。

石けんで直接からだ洗うと気持ちいいかもしれん。

匂いは前使ってみた「アルカマー」より好き。

イランイランとオレンジフラワーだとか。ほんのりフローラル。

ブドウの葉っぱがくっついてるので、若干桜餅みたいな青臭さはあるかも。

泡立ちはやっぱり凄く豊かで、洗い流すとお肌はすべすべです。

後に控える2つの石けんも早く開封して

その日の気分に合わせて交代交代で使ってみたいのですが、

風呂場に置いておくと減りが早そうなので、ガマンガマン。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »