« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

No,I know,Knock out.

070630_16380001 行ってきました、une nana coolのセール。

この袋がまたかわいいっしょ~?(^ ^)

この中におんなのときめきがはいってるんですよ。

上下×2、色違いの同じ柄。

あたしは普段ならそういう買い方しない人なんだけど、あまりにかわいくてひとつに決められず、結局両方買ってしまったのでした。

一見すると水着?みたいなかわいさ!!v いかにも下着!じゃないんだよね。une nanaの持ち味全開です。

ほんとは是非ともお見せしたいのですが、さすがにそれは無理だ。いくらあたしと言えどもそこまで恥知らずな真似は致しませんです。残念残念。

セール期間中また行こうかなー、と早くも思ってます。

ああー楽しい。おんなに生まれてきてよかったです。

Adaptation

070629_15420002 しばらく運転してなかったので、

父上のストレス値を上げつつも、運転してきたよ。

いやぁ。

乗ってないからあたりまえだけどさー、

自分でもわかるヘッタクソさ!

特に車体感覚が未だにつかめてないらしく、

頭から駐車してもまっすぐとめられないのー!

ひとりで運転できる日はくるのか?

次はいつだかわかんないけど、

続く。

メルロン

ともだちから電話がきた。ともだちは泣いている。ともだちは泣きながら、話してくれた。不安や戸惑い、悲しさ。

それは、現在のあたしの状況にも通じることで、でも、その気持ちがすごくよくわかるのに、あたしにはともだちの話を聞くことしかできなくて、なんにも上手なことばをかけてあげることもできなくて、ともだちはありがとうと言ってくれたけど、自分の無力さや到らなさを思う。大好きなともだちだから、余計思う。

そんなものなのだと思う。自分の気持ちさえ真に理解し得ないのに、他人の気持ちをそのまま享受することなど不可能なのだ。だからこそわかったように慰めるなど、非礼な態度だとも。それでも、泣きながらあたしに電話をしてくれたことを思うと(あたしをその涙を共有するものとして選んでくれたのだと思うと)、この伝わらなさがもどかしくて仕方がない。ともだちがこうしてあたしに話してくれたおかげで、あたしこそ慰められ、勇気づけられたのに。

いや、これはやはりエゴイズムだろうか……。

ともだちは頑張り屋で、前向きで、でもとても繊細で、ときどきこんなふうに落ち込むことがあるようだ。神様はいじわるだ。なぜ頑張るひとばかりをこんなに強かに打つのだろう。

ともだちはやがて泣き止んだ。あたしたちは、今度は飲みに行こうと約束して、電話を切った。

人生は不平等だ。

しかし、等しく与えられるものもある。

明日は、望もうと望むまいと誰にでも訪れる。

君の名は

ゾース(zorse)というのだそうです。

http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1183017970

葦毛ちゃんにプリントされたみたいな柄。つくりものっぽく見えるねぇ。

Tシャツみたい。

こないだ競馬のパドックだけちらっと見たけど、サラブレッドってほんとに綺麗な生き物だと思いました。ほっそい脚。つやつやの毛並み。お尻についた筋肉。これがひとを乗せてとてつもないスピードで駆けてゆき、観衆は熱狂し或いは絶望する。シンボルとしての馬は人智を超越するものの象徴なのだそうです。それが納得できる美しさ。

(でも、実はサラブレッドは超人工的な生き物なのだけどね! 参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89

Aクライストスーパースター

あたしにも思春期というものがあった。

まだ何も知らなかった日々、若さに任せて無鉄砲な行いをしていたあの頃。

その青春の傷跡は今もあたしの肌に残っている。

それ即ち、ニキビ跡。クレーター。毛穴の開き。黒ずみ。

近年ようやく、それらはほっといても消えないのだということを悟り一生懸命ケアした結果、そして何より今年3月にアルソアに出会ったおかげで、大分キレイになってきました。遠目には誤魔化せるくらいには。視力の良い方にはあまりこっちを見ないで頂きたい。自信をもって肌を曝すには、まだまだ時間と努力が必要です。美肌は一日にして成らず!

070628_00330001 ローション、パック、そしてせっけん。基礎化粧品三種の神器。これが地雷原の如きあたしの肌を浄化している救世主。ありがたやありがたや……南無アルソア仏……メッカ(本社)山梨に向かって礼。エイメン。

この基礎三種の他にも美容液やらメイク用品やらなんだかんだいろいろあってまたその使い心地たるやすっごいいいんだけどさー、

あたしにはこれ以上は無理!! 破産してしまうわ、全部揃えたら。

いわゆる高級!と言われる部類にまでは届かないのかもしれないけど、それでもやっぱり高いです、アルソアは。少なくともあたしには。この3つを使い続けるだけでも結構頑張ってるよ、あたしの財布。

それでもやっぱりアルソアに出会えて良かったなと思う。効果を実感できたことも感動的だったけど、何より自分の肌に合っていたことが幸運だった。そして、日々変わる肌の状態を気軽に相談できる人(カウンセラーさん)ができたこともとっても心強い。彼女が、信頼するに足る人物であったことも有難いことだと思う(偉そうに言っちゃいました…)。

とにかくあたしとアルソアの出会いは幸福な条件で満たされていた。同じようにアルソアの商品を手にしても、同じように幸福な思いを抱ける人ばかりではないだろう。肌も十人十色である。

だけどね、勧めちゃうよ。勧めるくらいは罪になるまい!

あの江角マキコもプライベートで愛用のアルソア。

肌にお悩みをお持ちの方は基礎化粧品ジャーニーの一環として、試してみては如何でしょうや。合掌。

Rise'n'Fall of Ziggy

070627_22050001 これなんだ?

soleil

070627_18130001 今日の太陽が沈みます。

金色です。

やっぱりあたしは夕暮れ時が好きだなぁ。

もう夏至過ぎたんだよねー。

これからは日は短くなるのね。

それがちょっと寂しいのはなんでなんだろうねー。

梅雨だというのに今日もいい天気でした。

それに暑かった…

山(大学のことです。ほんとに山なので)では

もうセミが鳴いてましたよー。

さすが山! 

悪魔のたべもの

さっきねーさっきねー、

フランスのショコラティエ(チョコ職人)がコンクールで競い合うドキュメントをみたのー。

チョコアイスを食べながらねー。

フランスにはケーキ屋さんみたいな気軽なチョコ屋さんがいっぱいあるみたい…

なんて素敵な!

チョコアイスは美味しいんだけど、でも、なんか物足りなくなってしまったよ。

気になったのはりんごキャラメルを塩風味のチョコでコーティングしたものと、

バラ入りのホワイトチョコと紅茶風味のチョコが2層になったもの。

た、たまらーん…

あと、シャンパンのおつまみにチョコを食べるってのも気になった。

か、からだに悪そうで魅惑的…

どうしてこうもチョコレートって悪魔的な魅力があるんでしょうね!

ちなみに、いっぱい食べると恋してる気分になれるんだそうです。

(あたしの場合そんな気分に浸る前にニキビが吹き出てきそうですが)

濃厚なガトーショコラやチョコレートムースが食べたくなってきました。

明日のおやつはチョコに決定です。

on My Skin

突然ですが、下着が好きです。

そこ、えげつない想像をしないように。

女性はわかると思いますが、

洋服とか、靴とか、そういうものが好きなように、下着が好きなんです。

女性の下着はデザインが多種多様ですから、ほんとに下着屋さんは楽しい。

他人様に見られないものだからこそ、自分のためだけのお買い物。

そんなところも女心をくすぐります。

カップルでそういうお店に来てる人もいますねぇ。

あれ本人たちは気にしてないのかもしれないけど、

自分が買い物してると、やっぱり売り場に男の人がいるのは不快です。

賢明にも、店の入り口で犬のように待っている男性もいます。

周囲の女性の遠慮ない視線を受けながら、

俯いてパートナーを待っている姿はちょっと可哀想でした。

下着は女同士で、或いはひとりで買いに行った方がいいと思いますよ、あたしは。

着心地でも、デザインでもすごく好きなのが、

ワコールの「une nana cool」というブランド。

http://www.une-nana-cool.com/

強そうなレースやフリルでごてごてしてないところ、

いかにも下着!!という主張をしてないところが好き。

あたしの地元では今週金曜日からセールだそうで、わくわく。

下着は靴下と同じで消耗品だけど、いかんせん価格がそこそこしますので…

けわい

外出から帰ってくると、

部屋で肌色の水溜り発見。

これは……化粧下地だ!!

この事件の経過は以下の通り。

①朝ぐだぐだしていて遅刻しそうになった

②慌てて外出の準備をした

→結果として化粧下地の瓶をきちんと閉めなかった

③机の端にあった化粧下地の瓶と風に舞い上がるカーテンとの不幸な接触

④瓶に4分の3あった化粧下地は2分の1以下に

⑤畳が自然な肌色に、ほんのりパールでツヤ感アップ

要するに、あたしの杜撰さが招いた事態だったのでした。

まぁ、安化粧品だったからダメージは少ないです。畳も、あたしも。

水分

夕べはねー、プチ同窓会だったんだよー。

中学一緒だったひとたちで、地元に暮らしてるひとたち10数人と飲み会。

仲のいい大好きな友だちはもちろん、

卒業してから会ってなかったひと、ほとんど話したことないひととも、

楽しく飲んで食べて喋って笑って。

こういうふうになったんだ、とか、

全然変わってないな、とか。

久しぶりのワイワイした飲み会だったから、もーぉ楽しくて!

元気がチャージされたな、とご機嫌で1時過ぎにみんなと別れました。

でも、久しぶりに外で飲んだせいか、もう脱水症状がすごくて、

口の中がからからぺたぺた。

そんなに飲んだつもりはなかったけど(2次会はウーロンしか飲んでないし)、

ペース配分とかできてなかったのかも。

夜中でも開いてるスーパーで80円もしないミネラルウォーター買って、

風呂に入りながらもそれ飲んで。

髪を乾かすのもそこそこに横になり、うとうとして目が覚めたのが4時過ぎ。

胃の辺りが気持ち悪い!

これは明日(ってもうその日付になってるけど)ヤバイ!二日酔いかも!

と思える気持ち悪さで、布団の中で七転八倒。

せっかくウ○ンのチカラを飲んだのに全然駄目じゃん!とか思ったんだけど、

仰向けになっているうちにだんだんちゃんと消化されていくのが分かりました。

その後は安心してグッスリ。

でも危なかったです。

やっぱりお酒って元の体質と同時に飲み慣れってのがあるのかなー、と実感。

あたしは弱い方じゃないけど、

外で飲むことは多くないので、余計気をつけたほうがいいのかも…

いずれにせよ、ほんと楽しい夜でした!

またぜひいっしょに遊びたいです♪

love roller coaster

いろいろ調べてみたら、

発汗を期待する入浴は、お湯の温度が高ければ

入浴時間を短く、休憩時間を長くして入ればいいということだったので、

やってみました。

やっぱりお湯はちょっとくらい熱い方が気持ちいいもん、とか思ってさ。

でも、ちょっとお湯の温度を高くしすぎたのか風呂から上がってみたら、

100m全力疾走後みたいに心臓バクバクで、息が上がっている。

しまいにはくらくらしてきて、水分補給後しばらく横にならざるをえなかった。

全身に血を運んでいる心臓の力強さを実感したわ…。

(心臓の鼓動の振動で太ももの肉がかすかにぷるぷるしてんだもん)

そして第二次発汗の凄いこと凄いこと!

もうTシャツの背中がじっとりして、額からもだらだら流れてくるくらい。

けど、もう一分でも長く入ってたらカンペキのぼせるところだった…あぶねー。

ホントちょっと命の危険を感じた雨の夜でした。

皆さんも熱いお風呂にはくれぐれも気をつけてください。

垣間見る

昨今のあたしって、

ドキュメンタリーやエッセイの方が、

ドラマや小説よりよっぽど好きみたい。

なんでなんだろう。

NHKBSで「わたしが子どもだったとき」というドキュメンタリー番組が不定期でやってる。

各界の著名人が子どもだった頃のことを、

本人の談話と再現ドラマで振り返る番組だ。

これが民放でやってる安っぽい再現ドラマとは全く違った、

リアルさや静けさをもったもので、

その多くを語らない、視聴者の想像が挟む余地がある感じがとても好き。

第一回目が写真家のアラーキーで、これがすんごく面白かった。

題材に選んだひともいいけど、再現ドラマの出来も「ドキュメンタリー」していて、

ほんとにいい出来だったなぁ…

基本的にNHKでやってるドキュメンタリーは余計な語りや効果がなく、

煩くない。

その空気感に浸るのは、意外と恐怖と緊張感を伴うものだったりする。

リアルかつドラマティック。

これはマイリスペクト向田邦子の作品に通じるものがあるな。

今気付いた。

塩化Na

あたしはお風呂が好き、かつ長風呂ですが、

それは顔や髪や身体を洗っている時間が長いだけで、

湯船に浸かっている時間はそれほど長くないと思われます。

湯船に浸かるのは大好きです。

あったかいお湯に肩まで浸かる。なんて贅沢。

でも、5分も浸かってると、もう駄目。苦しくって。

30分とか平気で入ってる人ってすげぇ!と思ってましたが。

長年の疑問が解けました。

あたしが長くお湯に浸かれないワケ。

お湯の温度が高いから。

…さっさと気付けって話だ。

でも熱いお風呂大好き。

入った瞬間「うぁぁきもちぃー」ってなるのって熱いお風呂ですから。

ぬるいお風呂ではこの快感は味わえないと思う。

でも入浴剤を使ったときなんかはやっぱり長湯したいので、

最近たまにぬるいお風呂にいい匂いの入浴剤入れてリラックスします。

でも出たり入ったりで、ずっとお湯に浸かってるわけじゃないのよ。

かけ湯→入浴→髪を洗う→入浴→からだを洗う→入浴→顔を洗う→入浴→…

みたいに、出たり入ったりを繰り返すと比較的楽。

でもこれ汗がじわじわ出ていい感じ。続けると代謝上がりそうです。

このじわじわあったかくなる、じわじわ汗が出る、じわじわ心拍数が上がる、

みたいなじわじわ感が気持ちいいのね。

今日もぬるいお湯dayだったのですが、

ばらの花びら細切れにしたのと天日塩の結晶がサシェに入った入浴剤を入れました。

わりとリアルばらの匂いで好きなんです、コレ。

あとはバスソルト本家のクナイプシリーズをよく使います。

粉物より塩物の方がなんとなく好き。

ラッシュのバスボムもいろいろ試してみたいけど、なんせ一回分が500円前後だからね、

これは常時は使えないわ…(貧乏なんです)

あとは乙女はみんな一度は夢見るフラワーバスですね、

南国の隠れ家的スパなんかで……

いつかは体験したいです。

Der Vogelfänger bin ich ja

夕べ1時過ぎくらい、布団に入ってうとうとしておりますと、

夜中にもかかわらず鳥の声。

「特許許可局」「テッペンカケタカ」とも聞こえるその鳴声の主は言うまでもなく

ホトトギスでした。

でも、夜に鳥の声が聞こえるってやっぱり変な感じ。

冥界からの使者云々と言われるホトトギスですが、

わりとユーモラスで明るい声音…にあたしは聞こえるんだけどなぁ。

ホトトギスはカッコウの仲間で、托卵する鳥の中では一番小さいんだとか。

ハトよりもちいさいんだって。

托卵先はウグイスの巣だそうです。

托卵はいろいろ怖い要素がいっぱいです。

養い親より明らかにでっかいカッコウの雛とかホント怖い。

養い親は自分よりでっかい子どもを養いきれなくなると、

途方に暮れて自ら餌になろうと子どもの口に飛び込むってなんかの本で読みましたが…

ホント?

Dive

あたしはほんっとによく寝る子なのですが、

昼寝や二度寝は睡眠が浅いせいか、よく夢を見ます。

詳しい内容はすぐ忘れるんだけどね。

(友人に見た夢を物凄く詳細に語れる人がいて、すごいなぁと思います)

でも、パターンとして多いのは、

どこか遠くに行ったり、どこか遠くから帰ってくる夢。

電車に乗ったり、地下鉄に乗ったり、新幹線だったり、車だったり、徒歩だったり。

で、大体いつも漠然とした不安を抱えているようです。

「あそこに行くにはこの電車で合ってるのかな」「時間までに間に合わない気がする」「追っ手から逃れられるだろうか」「果たして家に帰れるんだろうか」

現実でもあたしはひとりで知らない場所に行ったりするとき非常に緊張するタイプなので、

結構如実に脳内が表れてると言ってもいいのかも。

にしてもこの手の「漠然とした不安」の夢は嫌な感じです。

覚えてるのは大方この手の夢なので、なおよろしくない。

楽しい夢や嬉しい夢も見ているのでしょうが、そういうのは跡形もなかったりする。

せめて夢くらいはウハウハなものばっかりみたいものですが。

すききらいすき

ひっさしぶりの更新です。

と言っても、3日4日振りですけど。

でも、なるべく毎日更新を目標にしていましたんでね、

おっきな穴を作ってしまいましたあちゃあ、という感じ。

やっぱり活動的でない生活をしてると、書くことも見つからなくなってくるもので。

来週は、なるべく家にいる時間を減らそうと決意したのでした。

関係ない話だけど、

あたしはことばで言わなくても考えてることが表に出るタイプのようで。

ピアノの先生によく

「この曲のこの部分、好きなのね」「こっちの曲もおんなじように弾けるといいのに」

と言われます。

な、なんでわかるの…と思いますが、全くその通りなのです。

苦手な曲やあんまり好きじゃない曲も同様に、その気持ちがでちゃうらしい。

全く無意識だけど、難しい顔して弾いているのだと指摘されました。

ピアノならまだいいとして、対人にも分かりやすくそれがでちゃうことが最近多い。

思春期じゃあるまいしね、情けないこと。

いや、この年になってそれをようやっと自覚できるようになったのかもしれませんが。

そんなあたしは嘘をつくのも、苦手。

つかなきゃいけない嘘も時にはあるものですが、

それがバレバレで他人を傷つけたこともあるのかもしれない。

おまけに大小様々な嘘にもつくづく騙されるのですよー(^ ^;)

損だなぁと思うです…。

思春期真っ只中には言葉に対して強いこだわりや信頼をもっていましたが、

今はそれ以外のコミュニケーションツールにも、

(無意識のものも)もっと気をつけなければいけないと思っています。

演劇やってた人間なら、もっと早く気付くべきことだったのです。

アーリーサマー

Photo_75 この色大好き。

お家に帰りたくなるような、

寄り道したりしたくなるような。

あと、

お酒飲みたくなるようなね!

今日また蚊が出たので、

蚊取り線香をつけてみました。

やっぱり例年に比べると早い?

この匂い嗅ぐと夏が来るなぁって感じ。

癖がある匂いですが、なんかいい匂い…

ついくんくん鼻が動いてしまう…

あたしは好きですねぇ、蚊取り線香の匂い。

服や髪にもつきやすいのでちょっと困るけど。

情緒面の働きのせいでしょうかね。

日本人にとって夏はやっぱりちょっと特別な何かがあるもんな。

それが何かと聞かれると困るんだけど(^ ^;)

ノスタルジーってやつなのかしら。

そういえば、

サンタマリアノヴェッラのフレグランスにも「ノスタルジア」っていう銘柄のがあって、

「タイヤの擦れたゴムの匂い」「ツンと鼻をつくガソリンの匂い」「クラシックカーのレザーシートの匂い」を再現したものとか……

ええ~?って思うけど、実際どんな匂いなんだか…

サンタマリアノヴェッラのHPはこちら。普通のフレグランスもちゃんとありますよ!

→http://www.santamarianovella.jp/index.html

それはなにかと訊かれたら

恋、だな。

表層だけで軽くエクスタシー。真摯に向き合いたくなってしまう。

でもまともに渡り合ったら、多分壊れてしまいます。

…音楽の話です。

というか、RedHotChiliPeppersの。

今更って話なんだけどね、

父親の部屋にあるオーディオでStadium Arcadium聴いてるんだけども、

もうもう、恍惚。うっとり。腹上死(?)しても本望。

普段うんこみたいなPCで聴いてるもんだから(CDプレイヤー壊れてるんで)、

音にうるさい父親のそこそこいいオーディオで聴くと、聴こえてなかった音がばっちり聴こえて恋が再燃。

(やっぱりハードも、のめりこむ上で大事だね…)

特にベース。FLEAのベース。恋の(重)低音。

ベースのくせに歌い過ぎ。なんて「音楽してる」ベース。

もっちろん、ノリノリでリズムとって、跳ねる、走る、流れる、そして歌う。

多分FLEAのベースでご飯3杯は軽い。というくらい凄い。

それに絡むジョンの美メロギター。心臓を連れて行くチャドのドラム。

そして、(上手とは言えないが)やわらかいアンソニーの声。

OH! It's YOU!!

特に一枚目=JUPITERのラインナップはあたし好みだ。

(以下、特に好きなのは赤文字)

①Dani california②Snowの並び順はぶっ飛んでいる。ぶっ飛ばされる。

この2曲を冒頭に並べてしまえる気風の良さってか、not只者感。

③Charlieで上がってるテンションを更に急上昇④タイトル曲でぐっと聴かせる。

⑤HumpdeBumpで馬鹿な感じに⑥She'sOnly18でシリアスな香りを、

⑦SlowCheetarの美しさ切なさ、

⑧TortureMe⑨StripMyMind⑩EspecialyInMichiganのアップダウンで世界に引きずり込んで

⑪Warlocks⑫C'monGirlで軽く息抜き再浮上、

⑬WetSandで胸揺さぶって泣かせて⑭Hey2枚目=MARSに繋げる。

飽きさせない。

耳をすませばすますほど、聴き所があり過ぎる。

ほんと死んでしまいそうです。ラヴ。

このアルバムは賛否両論あったらしいけど(まぁCalifornicationからそうだな)

確かに昔からのFunk路線ファンのひとにとっては物足りないんだろうけど、

あたしにとっては未だに中毒性の高い☆5つのアルバム。

ほら見ろ。こりゃ恋だよ。

モーツァルトやベートーヴェン、ドヴォルザーク云々で育ったあたしが

(父親なんか、ビートルズすら毛嫌いしている。レッチリなんか、多分失神)

L.A.の悪ガキ(もはやおっさん)刺青びっしりのごちゃ混ぜ変態バンドに惚れるとは。

一体何がきっかけだったのか。

人生ってのはわからんもんじゃ。

The world is full of temptations

Photo_73 Photo_74

きらきらガラスの指輪!

買っちゃった~♪

久々に一目惚れの一品。

この色。この大きさ。

かなりツボです。

思いっきり玩具っぽいけど

そういうところも好き。

実際結構安いのよ♪

他にもこれから来る夏に備えてか、

お店には透明ビーズのネックレスなんかいっぱい並んでました。

透明のきらきらに弱いあたしは、ついみんな欲しくなってしまう、

そんなのばっかりですよ。うわーい!

今年のバーゲンは安物アクセ買いに走りそうな予感です。

きょうはなんのひ

皆さん、今日はロック(6・9)の日ですよ! 知ってましたか?

あたしなんかロックぶってローリングストーンズ朝っぱらから流してましたよ!

このいかにも不良っぽいとこが、ダサいようでカッコいいです。流石。

しかもみんな見た目はもはやかなり爺さんなのに!!

キースなんかステージ上で死なないか心配になるくらいです。

ストーンズはそういう王道のカッコよさはもちろん◎ですが、

ちょっと可愛い「she's a rainbow」なんかも好き。

これなら全部ピアノで弾き語りできるかな。

結構良さそうだな。楽譜探してみよう。

ロックの日というだけでちょっと元気になったあたしは、

久しぶりに大好きなパン屋さんにいってパンを買ってきました。

地元では老舗の超人気店。

子どもの頃からそこのパンを食べて育ってきたので、

パンといえばこの店になってしまいます。

Photo_71 種類はすんごくいっぱいあるんだけど、

結局買うのは定番のものになっちゃうのね。

手前左から時計回りに、

ゴーダチーズの食パン、あんぱん、

丸ツナサンド、丸タマゴサンド、メロンパン。

このメロンパンは中にカスタードの入ってるやつで、

全国紙にも紹介されたことがあるそう。

このゴーダチーズの食パンは最近はまった。

しっかりめの生地と、濃厚なチーズがたまらん。

シンプルだけど、焼きたてなんかチーズとろとろで下手な調理パンよりずっと美味しい。

Photo_72 ほんとチーズがこの世にあって良かったと思う。

ていうか、牛乳とかお乳があって良かった。

命を育ててるものは偉大です。シャンプーのCMじゃないけどさ。

皆さん、おっぱいには敬意を持ってください。

slight fever

一昨日からおかしいな~とは思ってたけど。

どうやら風邪ひいたみたい。

それはくしゃみ、鼻水から始まったので、

また慢性鼻炎が頭をもたげたのね、程度にしか思ってなかったのよ。

しかし、喉の痛み、はれがやってきて、さらに鈍い頭痛。

でもこれも鼻炎の随伴症状としてはよくあること。

しかし昨日家に帰ってきて、手足のあまりのポカポカさにさすがにこれは

「風邪?」と思って、パブ○ン飲んで早々に寝た。

今朝起きてみたら、喉の痛みは少しひいていたし、鼻はつまってなかったけど

やっぱり手足がやたらポカポカしてて、ちょっとふらふらする。

熱測ってみたら7度ちょっと。

あたしにとっては高熱の域。

どうりで夕べ、食べるのも風呂入るのもPC立ち上げるのも億劫だったわけだ。

これは完璧風邪。

あたしにしてみれば、一年に一度あるかないかという出来事。

食欲はあまりないが、食わないと薬が飲めない。

仕方なくパンとスープを腹に入れて、パブ○ンを飲んで大人しく寝る。

暇。

風邪って、みんな優しくしてくれるし、お家で寝てられるし、

ひいてみたいな、と思うものだが(あたしは特にめったにひかないし)

実際なってみると、暇だし、つまんない。

何かしたいと思っても、身体が元気じゃないから、結局何も出来ないし。

いっぱい寝るから、横になってても眠くなくなってくるし。

普段はいくらでも寝られるのにな。不思議だ。

外はそこそこいい天気。

父が休みの日ゆえ、両親はどこぞへドライブに出かけた。

あたしだってほんとは買い物に行きたいけど、身支度する元気がない。

今起き上がってこの日記を書いてるが、

やっぱり手足がやったらポカポカして、頭がぼんやりしている。

こんなうんこみたいなレベルの風邪にも、

パブ○ン効いてないんじゃないんですか。

しかしなんでまた初夏の今に風邪なんかひいたかね。

heart beat,heat

今日は夕方かみなりがごろごろいってました。

かみなり、わりと好きです。

わくわくする。

稲光が走るのを待って、空を見てたりします。

でも、結構嫌いなひとっているよね。

何が嫌なんだろう?

でっかい音? ぴかっと光るとこ?

多分、それが自分に当たったらヤバイってことが感覚的に分かるひとは、

怖いのかもしれない。

だとしたら…あたしの危険察知能力はかなり低いと思われる(^ ^;)

そんなあたしが嫌いなもの。

そのひとつが、蚊。

しかし我が家は蚊の発生率が高い。

庭に結構草が茂るので。

なんと、今日今年の第一匹目があたしの部屋をふらふら飛んでいた。

早いな~今年は。

右足の薬指の腹が犠牲になった。

…早いな~!

しばらくかかってようやく撃墜。

撃墜時の安心感と言ったらない。

でもねー、

シーズン真っ只中には、夜中にこの手に汗握る攻防が必ず何夜か繰り広げられるのね。

あれは正に死闘だ。

スピード

つくづく自転車って気持ちいい乗り物だなーと思います。

周囲を見渡す余裕がある速度と、徒歩より明らかに速い速度。

あと、風っていうか流れる空気とか。

無意識のうちに鼻歌歌っちゃうのはあたしだけですかね。

しかも、今日気付いたんですけど、

時間帯に合わせて違う曲なんだよね!無意識なんだけど!

昼間は軽い穏やかなポップ、夕方はちょっとダンサブルなやつ。でした。

こないだ買ったばかりにも関わらず、欲しいCDメモ。

(今バイトしてなくて貧乏だから、ブログに書くことが代償行為になってるのだ)

○アックス・リヴァーボーイ「チュ・チュ・トゥ・タンゴ」

Photo_68 このジャケットはどうかなと思いますけど…

タヒチ80のフロントマンのグサヴィエ・ボワイエのソロ。

この名義は本名のアナグラムなんだって。へー。

1曲目しか聞いてないけど、これが良かった。

素朴なバラードと見せかけて後半のドラマティックな盛り上げがキました。

こういうの弱いわ、あたし…

実はタヒチ80も以前から気になっているバンドではありました。

○スワンダイヴ「アンティル」

Photo_70 マイラヴ、スワンダイヴの新譜!!

今回はボサノヴァなCDなんですって。

この組み合わせは遂に待望の、という感じ。

悪くないはずがない。

夏が来るからねー、これは買わないわけにはいかんですよ。

ただこのユニットは輸入盤が入ってこないのが、貧乏人にとっては痛いですよ!

しかもマイナー寄りなので安くならんのですよ!うわぁん!

今日からレッチリJapan tourですなぁ。

あたしもBGMはレッチリノンストップで、気持ちだけ参戦。

行くひと、楽しんできてくらさい~!!

メモ:ripen fully

毎度おなじみ(?)、食べたいものをメモって満足する日記。

①美味しい梅酒、美味しい梅干しサワー

梅関連のものは大抵大好きです。

そしてお酒も大好き。

でも、いっつも安酒ばっかり飲んでるので、

ちょっと高くても美味しいお酒が飲みたくなってきた今日この頃であります。

とろっと甘い梅酒はスパイシーな味のおつまみに丁度いいし、

梅干しサワーは食欲を刺激する、楽しい宴のお供。

うはぁ。飲み会したい!!

②ニンニク醤油

今日料理番組でニンニク醤油が紹介されてて、すごく美味しそうだった。

ニンニクの表面を軽く焼いて、醤油に少量のみりん、酒、砂糖と漬け込むだけ。

それで炒飯作ったり、ゆで卵を漬け込んだり!キャー!!

絶対美味しいに違いない。

ニンニクはただローストして塩で頂いても美味しいですよ。

これから旬だそうなので、やってみようかな♪

③活きのいい生野菜

スティックサラダが大好きなのです。

特にセロリ、大根なんかが好き。

練り梅や、味噌マヨなんかをつけて頂きます。

最近野菜不足なのもあるけど(一応自覚はあるんだけど)、

ホントもう汁したたるくらい瑞々しいのが食べたい!!

④焼きおにぎり

味噌つけて焼くやつ。

たっぷりつけて、ちょっと焦げ目をつけたくらいのアツアツを…

ねぎ味噌であれば尚良し!

⑤煙草

しばらく吸ってなかったので。

お酒が入るとやっぱりちょっと欲しくなります。

○総論

どうやら陽気に飲み会がしたいんだね、自分。

今日のラインナップってそういうやつばっかだね。

あたしにとって一日でもないと困るもの。

①アルソアのせっけん。もうゾッコン。

②眉毛かき。眉なしで外を堂々と歩くことはできぬ。

③ティッシュ。鼻炎持ちだから。学校にもボックス常備。

そして、

④綿棒。

あたしは一日最低一本の綿棒を消費します。

家には常に綿棒の買い置きがあります。

夜中に耳掃除をしたい衝動に駆られて起きることもあります。

あたしは幼い頃から耳掃除好きでした。

母の話によると、耳掃除をしてもらわないと寝られない子だったそうです(マジすか)。

耳掃除の魅力は単純に気持ちがいいことと、

でっかい耳カスが取れたときに味わえるある種の達成感です。

何なんでしょうね、あの満たされた気持ちは。

耳掃除と言ってもあたしは断然綿棒派です。

(耳かきは細かいのが取れないし、それほど気持ちよく感じないので)

ブラック綿棒の存在を知ったときは嬉しかったです。

売り場にあるのを見ると一見気持ち悪いけど、

使ってみてあまりの取れ具合(というか汚れの見え具合)に歓喜して

笑いが止まらなくなったことは忘れられません。

(そんな自分を危惧したことも忘れられません)

ブラック綿棒はなんと1ヶ月で全て消費されました。すごい。

そして、もちろん耳掃除しすぎで傷が出来てよく血が出ていました。

それ以来、ブラック綿棒の誘惑につかまらないように頑張ってます。

耳掃除のしすぎはあんまり良くないらしくて

何週間に一回とかそれくらいで全然問題がないそうだが…

考えられへん!!

でも、きっとそれだけ期間をいっぱいおけば耳カスがごっそりとれるだろう、

と思うと心が動く(仕事の成果が目で確かめられるってのは大事です)。

せめて一日置きくらいからはじめようかな…

ペルソナ

なんにもない休みの日はついついお布団にいる時間が長くなる。

そうでなくたって、あたしはお布団滞在時間が長いひとなのに(^ ^;)

で、ついつい身繕いもずさんになるのです。

ああもうこんな時間だし外出ないからいいや~とか、

休みの日なんだかららくちんな格好が一番よね~とか。

だから着古したTシャツにジャージみたいなボトムとか、

全くノーメイクで眼鏡とか、

宅急便の受け取りすらできないようなことになってしまうのです。

が!

これは良くないと近頃気付きました。

ぼやっとした格好してると、生活も気持ちもぼやっとして

下降線に乗っかってしまうきっかけになるみたい。

やっぱりきっちりスキンケアをして、せめて下地と眉毛だけは作って、

コンタクト入れないと。(眼鏡だけだと見えないものが意外とあるものです)

そしてスーパーで近所のひとに会っても恥ずかしくないくらいの服装はしないと駄目。

家で過ごすだけの一日でも、それだけで随分できることも違います。

身繕いをするってことはやはり礼儀のひとつであり、

社会生活を営む上で、武器にも防具にもなるものなのね。

あたしは女だから特にってこともありますが、

やっぱり気にし過ぎないのはちょっと問題かもしれないと思うようになりました。

何より、ちょっとくらい面倒くさくても精神衛生上は大変有意義なものだ。

自分が気持ちいいと思うことが何よりです。

かわいいひと

Photo_67今日テレビを見てましたならば、

偶然浅丘ルリ子さんがちょっとだけ出られてまして。

…なーんて、キュートなの!!

とちょっと感激してしまいました。

アイライン強調のメイクとクラシカルなショートボブ。

黒を基調にしたお召し物にはキラキラと素敵なジュエリー。

映画「シカゴ」のキャサリン・ゼタ・ジョーンズみたいな雰囲気。

(これって「セクシーボイスアンドロボ」の衣装メイクかな?)

またそれが似合うんですよ、ルリ子さまは。

以前はキツイひと、いかにも女優!みたいなイメージがありましたが、

ご本人は意外と家庭的で穏やかな方みたいです。

でも話し方とかすっごく可愛らしいの。女の子って感じ。

お年は召してらっしゃるから、メイクなんか結構ばっちりしてるけど、

若い頃とか化粧っ気なくてもほんとにおめめぱっちりで、

でもちょっと歯並びが乱れてるところがまた可愛くって。華奢で。

物凄い美女っていうんじゃないけど、お人形さんみたい。

「男はつらいよ」のリリーさんはハマリ役ですよね~。ほんとキュート。

リリーさんの回は、いっつも切ないものが胸にぐっと込み上げてくる。

寅さんとリリーさんはよくすれ違って、周りのひとも二人のことがすごく好きだから、

なんとも言えずもの悲しいのです。

でも、結末はいつもあったかい。

それは、役者さん自身の情の深さがなければ感じられないことなんだろうなぁ。

Photo_66 最近こういうやらしくない色気のある

可愛らしい女優さんってあんまりいない気がする。

みんな清楚で、甘やかな可愛らしさはあるんだけど。

改めて、「女優」浅丘ルリ子は稀有な存在だと

認識致しました。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »