« 塩化Na | トップページ | love roller coaster »

垣間見る

昨今のあたしって、

ドキュメンタリーやエッセイの方が、

ドラマや小説よりよっぽど好きみたい。

なんでなんだろう。

NHKBSで「わたしが子どもだったとき」というドキュメンタリー番組が不定期でやってる。

各界の著名人が子どもだった頃のことを、

本人の談話と再現ドラマで振り返る番組だ。

これが民放でやってる安っぽい再現ドラマとは全く違った、

リアルさや静けさをもったもので、

その多くを語らない、視聴者の想像が挟む余地がある感じがとても好き。

第一回目が写真家のアラーキーで、これがすんごく面白かった。

題材に選んだひともいいけど、再現ドラマの出来も「ドキュメンタリー」していて、

ほんとにいい出来だったなぁ…

基本的にNHKでやってるドキュメンタリーは余計な語りや効果がなく、

煩くない。

その空気感に浸るのは、意外と恐怖と緊張感を伴うものだったりする。

リアルかつドラマティック。

これはマイリスペクト向田邦子の作品に通じるものがあるな。

今気付いた。

« 塩化Na | トップページ | love roller coaster »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303499/6857283

この記事へのトラックバック一覧です: 垣間見る:

« 塩化Na | トップページ | love roller coaster »