« 0200 a.m.(ver.1) | トップページ | like a DEATH »

0200 a.m.(ver.2=2600 p.m.)

それはあたしにとって、一番素敵な時間だ。風呂に入ってまっさらになった肌を、潤して、石けんのいい匂いさせて、多分最もすました顔で鏡の前にいる。多分、夜の深淵にあって、あたしは一日のうちで一番きれいでやさしい顔をしている。化粧はしてないけれども。

夜の闇の中で、音楽はよく透き通ってあたしの耳に届く。気まぐれで煙草をふかしたりもする。あとは眠るだけ。

眠りたくないって思うことはあっても、眠れないことはない。いつでも健やかにあたしは眠れる。いい夢は滅多に見ないけれど、それでも眠りは甘美で寛大。

(最近よく眠れないんだ)

そう言うのを聞いた。みんなよく、そう言う。不眠症は、よくある、けれど結構しんどい話。あたしには実感がない。

街は起きている。そして、あの人も。あの人も。あの人も。けれども、あたしは。ということに、遠くの正面でドロップのように光る灯りを見て、自覚する。

すこし、さみしい。

携帯電話を取る。電話する? メールする? あたしの眠りを分けてあげたい。それ以外のものも。分けてあげたい。水分を、花を、目に映るものを。

あたしはシーツの中に滑り込み、携帯電話を置く。無造作に置く。

闇はしとやかに瞼の上に落ちてくる。何もしなくても、眠れる。

けれど、すこしのさみしさがどうやって溶けていくのか、やはり分からないでいる。携帯電話のバックライトが音もなく消える。

これは今書いてみた。今も昔も大して変わってないことが分かる。

« 0200 a.m.(ver.1) | トップページ | like a DEATH »

ことば」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303499/8184548

この記事へのトラックバック一覧です: 0200 a.m.(ver.2=2600 p.m.):

« 0200 a.m.(ver.1) | トップページ | like a DEATH »