« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

ひだまりにトラヴィアータ

じゃりっとした感覚を舌に覚えて、あたしは眉をひそめた。てのひらにそれを出してみると、白くてぎざぎざしたものが現れた。先端の鋭さからいって、どうやらそれは糸切り歯。

(…抜けたのか)

大した感慨もなく、あたしはそれを見つめた。そういえば、最近なんだかぐらぐらしてたかもしんない。

子どもの頃あたしはあんまり真面目に歯みがき敢行してない子だったんだけど、どういうわけだか虫歯は作ったことがなかった。乳歯も全部自分(と家族)で処理した。だから歯医者さんに行っても歯石をキレイにしてもらうとかくらいで、世間一般の「キュイーーーン」が怖いとか、麻酔が痛いとか、そういう共通認識に預かることなどなく今日まで過ごしてきた。

が、今になって、どうやら「恐るべき」歯医者さんを頼らなくてはならないようだ。

(差し歯ってやつか)

しかもよりによって犬歯である。なんだか情けないような気持ちになる。この若さで、一体どういうわけでこうぽろりと抜けてしまったんだろうか。

ぼーっと思案していると、またじゃりじゃり、となった。

今度は、3cmくらいキレイに連なって出てきた。どうやら前歯たち、のようである。血の気が引いたのが分かった。

(…差し歯じゃすまない)

(部分入れ歯ってやつだ…!)

無意識に舌で口中を探ると、今度は左の奥歯たちが動いている。と、認識して、舌が硬直した。

あたしはてのひらにTeethをのせたまま、あわわわわ、と立ち上がった。午後の部屋は陽だまりをつくって健康的に明るくあたたかい。人気もなくて、非常に清潔な雰囲気である。

あたしは慌てて階段を駆け下りる。

その間にも、口中で歯が、ぐらぐら、そしてぽろりぽろりと、失われていくのである。

「おかあさん、おかあさん!」とあたしは叫んだつもりだった。けれど歯がないのでふがふがふがふがとちゃんと言葉にならなかった。

(なんてこと)

あたしは半べそをかいて立ち尽くした。

(総入れ歯だ!!)

…………

という夢をみました。悪夢!

Rosalita

今日は夕方Yさんとデート。誕生日のプレゼントも頂きました、ありがとう!!

071129_17020001_3 ひさびさにキルフェボンでお茶。あたしはシブースト、Yさんはモンブランと、二人とも季節のケーキをオーダーしました。美味しかった~!

071129_17100001_3 しかし、タルトとかパイとか、美味しいのに、いっつも上手に食べられません。大抵食べあとがキレイじゃないんだよね… 071129_17030001_2

キルフェボンは、内装も凝っていて可愛らしい。テーブルの花の生け方が素敵だったので思わずパチリ☆

これナチュラルだけど華やかさが出て、誰でも簡単に真似できそうでいい。

お茶してブラブラして別れたあと、何気なくデパートを歩いていたら、化粧品カウンターのカウンセラーさんに声をかけられました。

丁度口紅が欲しくて、色味を悩んでいたところだったので、試しにつけてもらったのですが、暇だったのかフルメイクしてくれた上に、スキンケアのサンプルまでくれたー!! わーい!!

キレイなおねえさんに優しくしてもらうととっても嬉しいです。しかも、押しが強いわけでもない、いかにも愛想作ってますって感じでもない、でも無愛想じゃない、とても好感のもてるカウンセラーさんでした!

今度是非あそこに口紅を購入しに行こうと思った! そして、デパート化粧品カウンターはゆったり選んだりテストしたりするのは、平日の19:00前あたりの時間帯がいいのかもしれないと思った!(わりと閑散としてたのです)

ちなみに今日お世話になったのはクリニークさんです。使い心地もいい感じでした。

ちいさな幸せがぽんぽんっと重なるだけで、ひとはこんなにも元気になれちゃうんだなぁと改めて思った、冬の夕暮れ。

本メモ:paint it black

「カラマーゾフの兄弟」、とりあえず本編(+エピローグ)読み終えました。あと訳者の書いたドストエフスキーの生涯と解題が残ってますが、そちらはちらっとしか読んでません。

全体的な感想としては、とにかく長かった。特に「大審問官」のところがもうキシャーとなるほどキツかったです。興味深いとか面白いとかは部分的にしか感じられませんでした。結末も「えっ、あれだけいろいろやってこれが結末??」って思ってしまった。多分、これは精読してはじめて面白みが出る作品じゃないかと思います。しかし、これだけの大作、読み込まなければ面白くないとは、拷問か。

というか、ただ単にこれを楽しめるには、あたしの頭が足りないんだと思うだよ…。ストーリーにある程度の流れというか勢いのある部分は比較的面白く読みましたが、登場人物が長々と自分の思想を語るところで停滞することが多かったので……

まず頂かなかったら、一生触れないで過ごした作品だと思います。

とりあえず、印象だけ整理(あくまであたしの現在(初読時)の印象です)。ネタバレ注意。

●「主人公」アリョーシャの存在感

:序文で「わたしの主人公」と明言されているカラマーゾフ家の三男・アリョーシャ。しかし、全編に渡って動き回っているにも関わらず、様々な人に影響を与えているにも関わらず、なんとなく印象がぼんやりしているのは何故なのか。下手すると単なるいい人(でも若者らしく発展途上)で終わってしまいそうな…。あたしが他の登場人物のアクの強さに騙されているだけなのか。アリョーシャは他の人物の繋ぎであり、あまり主体的に行動しているように感じられない。或いはそうやって頼まれて、言われて動き回っているからこそ、ドラマは悲劇の方向に向かっていくのか?

書かれなかった「第二の小説」では、彼が「修道僧」から転じて「革命家」となり「第二の父殺し(=皇帝暗殺)」の鍵を握るという作者の構想が残っているそうだが…。そんな彼に対してゾシマ長老はなぜ「俗界へ出ること」を勧めたのだろうか? 

●長男ミーチャのその後

:兄弟の中で、良くも悪くも一番「世間一般にいそうな」、それゆえに一番親しみがもてたのが、気性が激しく、女性とお金にだらしない長男ミーチャである。乱暴に言えば「単細胞」。彼の粗野さは純粋さと紙一重で、だからこそ憎みきれない。「カラマーゾフ」では何か裏がありそうな、一筋縄ではいかなそうな、現時点では大丈夫でも次の瞬間どうなるかわからなそうな人物ばかり出てくるので、ミーチャの存在は(あたしの中で)ある種の清涼剤になっている。「父殺し」の罪名を着せられていても、である。危険ではあっても、次にしようとすることがある程度分かっているから、他の人物よりよっぽど気を許してしまいそうな感じ。彼が何故女性にモテるのか、分かる気がする。

さて、彼に関してはシベリアに流刑になる直前、そして逃亡しようと画策しているところで物語は終わっているが、もし「第二の小説」があったなら、彼のその後は、恋人グルーシェニカとの関係はどうなるのか、それがまず気になるところである。

●イワンの狂気とスメルジャコフの不気味な影

:この二人に関してはとにかく不気味で、それが読後感の「すっきりしなさ」の一翼を担っていることは確かだ。話の最後でイワンは発狂し、死に瀕しているのだが、果たしてそれで終わりなのか?と思えてしまう。イワンが「幻覚=悪魔」と対話する場面は恐怖そのものである。その印象があまりにも強く、またストーリーの中での位置としてもぴりぴり神経に触れる。

イワンの発病には、父殺しの「実行犯」でそれを公にはせずに自殺したスメルジャコフが関係している。イワンに関してだけでなく、物語全体にこのスメルジャコフの影がまとわりついている感じが拭えないのが、なんとも不気味。スメルジャコフの「父」ははっきりと明かされていない、本当は誰なのか(フョードルと噂されているが?)。またスメルジャコフはイワンの無意識の父殺し願望の単なる「実行者」で終わってよいのか? なぜスメルジャコフはイワンにだけ告白をして自殺してしまったのか? この男に関して様々な謎が残されるのは、面白いが、とても怖い。

●少年少女

印象的だったのは、コーリャ・クラソートキンとリーザ・ホフラコーワの、共に14歳の少年少女の描かれ方。なんというか、正に思春期、って感じで、読んでいて非常に恥ずかしかった。他の子どもたち(例えば結核で死んでしまうイリューシャや、コーリャについて歩くスムーソフ)はまだ子どもらしさが見えるだけに微笑ましい。だが、コーリャの社会主義者ぶってしまえる知的さとか、「万能感」まるだしの尊大な態度とか、でもアリョーシャ(尊敬したいひと)の前での自意識過剰。そして、リーザの年上の想い人(アリョーシャ)をやたらからかおうとするところとか、と思ったら一転して「自分なんて…」って卑屈になるところとか、口数の多いぴよぴよしたところとか……THE 思春期!! 子どもから大人への過渡期!! がもーお、あたしには恥ずかしくて仕方ない。これって自分のその頃を見せ付けられてるみたいですよ。

この二人に限らず、脇役は主要人物に負けずと劣らぬ個性が際立ったひとばかりで、ドストエフスキーの人間観察力は優れていたんだろうなぁ、そしてそれを文章で表す描写力もあるんだなぁと思いました。

とりあえずこんなところで……。果たしてまた読み返すのか分かりませんが。

読んだ方いたらご自身のご意見ご感想聞いてみたいです。

小鳥遊

あれこれ、のらくら、いそいそ、どきどき、ふらふら、うつらうつら。

いろいろしている間に、仙台の街には雪が降った。色づいた葉っぱの上に、すぐに溶ける雪が降った。

吹雪く牡丹雪の中で、あたしはウールのロングコートを着たり、ニットの帽子をかぶったり、偽物の裏革の手袋をしたり、ついにはファーつきのダウンジャケットまでお呼びがかかった。寒い。低気密低断熱の古い我が家は、いくら化石燃料を消費してもなかなか暖まらない。

息は完全に白く現れ、信号までもが冴えた空気の中でくっきりと或いはぼんやりと光る。冬は厳しいが、美しい。などと言うと、信州北陸北東北北海道…の人には叱られるかもしれないけど、やはりあたしは冬が嫌いではないのだなぁと改めて思う。

自分が生まれた季節がその入り口にあるからかもしれない。

そう、先日あたしは今年もまた歳をとった。あっという間だ。18からほとんど年齢というものに実感を持てずに今日に至る。

お祝いのひとつに、「カラマーゾフの兄弟」の新訳全巻を頂いた。なかなか読み進まず、また、果たしてどれだけ頭に入っているのかも分からない。おそらく物語の半分も読んでいないのだけれど、行く先に不安がよぎる。

実に見事に、あたしは身も心も大人ではないようである。春になったら、せめて錯覚でも、自覚くらいもてるかしら。

今日は慌てて秋に舞い戻ったかのように穏やかな日だった。

庭の柿ノ木や、雨樋のところで、雀が遊んでいる。ベランダに吊るされたまだ未完成の干し柿をいくつか突いているようである。こちらが少しでも物音をさせるとどこかへ飛び去ってしまうから、きちりと現場は押さえられない。非常に残念。

雀は、木から地面へ舞い降りるとき、その体重を地球の引力に預けてしまうようだった。落ちるように急降下する。翼で制動をかけるのは、地面すれすれだ。なんて素敵な生き物だろう。

鳥であることの自由や飛行の快楽に憧れるのは、浅はかで愚かで奢ったことであるが、それでもやはり、素敵だ、とあたしは呟く。

とぎすませ

今日の一日を徒然っと。

○朝風呂

朝六時頃起きて、風呂に入る。さすがに寒くて湯船につかるが、もはやぬるま湯というよりも生温かい水。追い焚きをしながらじわじわと温まるのを待つ。

これが、非常に心地好かった。眠気を覚ますために入った風呂なのに、うっかり副交感神経を刺激してしまった。

身体洗いの石けんは、LUSHという店の「みつばちマーチ」という固形石けん。ハチミツが入っているのでしっとりした洗い心地で、甘くていいにおい。目下のお気に入りである。

○ちょっと街まで

自転車を走らせて中心街へ出る。まだ昼過ぎというのに、空気はしんと冷たい。トレンチコートから沁みるように身を冷やす。

だが、この冷え込みが嫌いではない。冬が近づくのは、なんだかもの悲しくて寂しいくせに、一方で心が躍る。わくわくする。クリスマスのせい? 自問して、まあ低俗なもんだと思う。

街中は今が一番紅葉が美しいかもしれない。県庁近くの銀杏など見事に黄色かった。踏むと楽しい感触のする落ち葉もふんだんにあって嬉しい。

まずさる有名楽器店で、楽譜を物色。またドビュッシーが弾きたいのだ。ドビュッシーも難度の高い曲になると三段譜になる、音符も格段に増える、折れそうになる…。「映像」か、或いは無難に「小品集」か。とりあえず目星をつけて、次のレッスンで先生に相談することにする。

次に市民図書館へ。学校の辛気臭い図書館と違って、人が多くて落ち着かぬ。新しくモダンな建築物ゆえ、変なところで柱にぶつかり、足を止めるとそこに通気口。ソファのぱっきりとした赤が視界にちらつく。結局変にうろうろした挙句、目的以外の本を1冊借りて出てきてしまった。

図書館を出ると、まだ5時前だというのに外は墨を流したような暗さ。ほんの数十分で一層寒さを増したようで、ついついカフェに足が向く。頼んだのはカフェラテで、とても上手なふわふわのミルクフォームで嬉しい。禁煙席のソファにゆったりと腰掛け、借りてきた本を開く。(現在タバコが切れたのをいいことに禁煙中である。)

満足しきって店を出て、息を吐いたらかすかに白い。自転車に乗ると、むき出しの手指がじんじんと冷えた。家に帰ると、自分のトレンチコートから冬の匂いがした。やはり、胸が妙に躍った。

○夕べの茶の間

夕食は鍋であった。たらふく食ったつもりだが、食後に酒を飲んだら、また何か食べたくなった。袋菓子をつまむ。チョコレートをつまむ。それでもなお足りなくて、余りご飯を塩結びにして、きゅうり漬けと一緒に腹におさめたら、ようやく一心地ついた。

実は、この夕食後のおやつの前に、すこしばかりイライラすることがあったのだった。涙ぐみながら後片付けをして、そのまま急いでグラスに酒を注ぎ、おやつをかきこんだのだ。

どうしてそれで解消できるのだろう。他人事のように、単純だな、と思いながら、テレビを見てげらげら笑った。でも、タバコが吸いたくなった。この寒いのにもう外に出るもんか、たかが5分の道程だろうが、わざわざ自販機まで行って無駄な税金使うもんか、と自分を鼻であしらった。

Introduction2

今度は動物編。

0005 カメラもってウロウロしてたら、あたしのピアノの先生のお家のワンちゃんのお散歩に出くわしました。

柴犬の小梅ちゃん。1歳…くらいになったのかな? まだまだお転婆さんで、飼い主さんを引っ張ってのお散歩。ちょっとメタボ気味とか。八の字眉毛(?)がいい感じです。

シャッター音にびっくりしてました。ごめんねー。

Photo

「エサ食べたいけど、なんか変なひとが見てるから、食べたくない…けど食べたい、むむむ…」ってなお顔。

学校の猫です。真性ノラではないんだけど、やっぱり警戒心が強くて、うまく近づけず。

ほんとはカメラ目線のにゃんこが撮りたい…。

次は静物。

0006 ギター。ジャズフェスのときに参加したコーラスグループのリーダーの方の。

まあそれだけの写真ですが。

でも、ボディにストラップの柄や床の板目がキレイに写りこんでるのを見て、ちょっと嬉しくなったのでup。

右上に写ってるアンプが邪魔かも…でもあれなかったらバランス悪いかなぁ?

ご意見ご感想お待ちしてます。そのうち大失敗写真なんかも載せるかもです。

Introduction1

えー、やっと2コ目のフィルムを現像しまして。何枚か、ちょっとお披露目しようかと。

うーんハズカシイ。

0002_3

これは割とイメージに近く撮れたかな~と思った唯一の写真。

夜の部屋で、電気消して、白熱灯デスクスタンドを照明代わりにしてます。

余白のとり方が微妙かも。

黒い部分がなんか汚いのは、あたしの写真の取り扱い方が雑なせい。スキャンしたらもろに現れました…

0003_3  これはお花屋さんの中で撮らせて頂いた一枚。まあなんともボケッとしてる。写真としては失敗ですが、選んだ対象としては気に入っています。

鏡に映ったのを利用して…ってのがやってみたくて撮った。ピントを鏡の中に合わせたのが失敗だったかも。

このお花屋さんはとても小さいお店なんだけど、すごくレイアウトやインテリアが素敵なお店。オーナーさんのセンスなんでしょうね。

次の記事に続く。

Day by day

071108_16400001

いっそ写真といえば空ばっかり撮っちゃう芸のなさ。梅やです。げんきです。最近肌の調子すこぶるいいんだけど、外界との接触が少なめでなんだかもったいない気がしてます。げんきです。

いよいよ寒くなってきた。朝布団から抜け出すのとか、寝巻きから着替えるのとか、もう結構しんどい。でもストーブを出すにはちょっと早いよねー。

リビングはこたつも完全装備、朝方なんかはヒーター入れてます。こたつ入って落ち着くと、もう出れない。もし一人暮らししたら、あたしはこたつ買わない方が良かろうね、きっとこたつと万年床が合体するだろうことが目に見えてるものー。

今年もいよいよ終わりがひたひたと近づいてきた感じです…来年の手帳買わなきゃ。その前に卒論がんばんなきゃ…ふー。

ちいさなおててに花束を

このブログでも何回も弱音や愚痴やらを吐き出してましたけど、本日ピアノの発表会でした。大人の人は、ピアノの発表会なんて、しばらく聞かない言葉でしょ?(^ ^)

私は個人でレッスンやってる先生のところで習ってるんだけど、その先生と学生時代(音楽科)同級生でやはりピアノと声楽を教えている先生のところの生徒の合同発表会。

先生たちは某ヤ○ハに勤めてたりとか高校の音楽の講師とか、セミプロ的音楽活動とか、そっちのほうがメインなので、個人レッスンの生徒は少ない。

その数、あたしも含め、9人(発表会に参加した人数)。うち、先生の子ども、4人。さらに、10歳以下が、6人。当然あたしが最年長。

観客、家族親戚縁者、ほとんど孫を見に来たじいちゃんばあちゃん。

とまあ、ほんとに和やかな雰囲気の発表会らしい発表会です。ある意味、上手な人がいっぱい出演する発表会よりよっぽど面白いと思います。

「どんぐりころころ」を絶唱する3歳男児。彼はステージ上以外でも元気いっぱいで、ご家族は大変そうでした。

「テルーの唄」(ゲド戦記)を情感たっぷりに歌い上げる3歳女児。彼女はファンサービスで客席に手を振ってくれました。

おじぎを忘れて鍵盤に必死で立ち向かおうとする7歳男児。彼はステージ上に飾られていた花の鉢植えを倒しました。

奴ら最高だ…なんて美味しいんだ…

演奏が全部終わってから写真撮影するんだけど、その頃は3歳児たちはもう飽きちゃってねー、先生たちはお母さんだからそっちの指導も大変ですよ。男の子の方のお母さん(声楽の先生)なんか本気で怒ってたもん、元気よすぎるから。

3歳、飽きるのは当然なんです。集中しろってったって、無理なのは当然なんです。

でもね、親はそれ分かってたって、いくら言うこと聞かなくったって、叱り続けなきゃいけないんだよ。すぐできなくったって、いつかできるように、必要なことなんだよ。叱りもしないで知らん顔してるのは楽かもしれないけど、責任とか義務とかの放棄でしょ。そんなのは親でもなんでもないよね。

だから、親であることを全うしようとするのはとっても大変なことなんですなぁ。だから、周りは、親も子どももフォローしてあげられるようにできることが望ましいんですよ。

閑話休題。

で、トリを飾った?21歳女(上手い下手は別に、最年長だから)。あたしも必死で鍵盤に立ち向かったけど、1フレーズとばしたり、音はずしたりしましたね。ハハハ。終わったことは仕方ありませんです。

でも暗譜したのと、間違っても止まらないで誤魔化して引き続けたのは、エライ。と評価して頂きました。これらは一応発表会の基本ですが、今回は受験やら部活やらで忙しくて練習時間が足りず、楽譜をステージにもってった子もいたからね。

とりあえず終わって一安心。チョコとお酒で一人打ち上げ。

071104_14480001_2 ←今回の会場は、音楽科のある高校にあるホール。その名をシュトラウスホールという(笑) もちろん、あのヨハン・シュトラウスから取ってるらしい。東北のさもない私立高校になぜシュトラウス …?

でも、建物新しいからすごくキレイだし、ピアノはスタインウェイで、弾き心地も◎でした。

The fat of land

久々のうまいものメモ。

○ポテトチップスチョコレート(ROYCE')

これ、頂き物だったんですけどね、最初はえ?って思ったんですけどね、ちょーーー美味しいですってば!! クセになります。

普通の波型の薄塩ポテトの片面にチョココーティングしてあるだけなんだけど、美味しい。やっぱりチョコと塩って相性いいんだな~。

しかし、すごい組み合わせですよね、ポテトとチョコって。油分凄そう。おそらく肌にも悪そうだと思われます。今更別にいいけどね! もう食っちゃったしね!!

○フレンチトースト

料理番組で見かけたら、すごく美味しそうに見えたので、今日のおやつに作ってみました。ひっさしぶり。

1、卵と牛乳と砂糖を適当な量入れて混ぜます。

2、食パンを適当な大きさに切って、さっき作った液に30分くらいつけます。

3、フライパンに適当な量のバターを溶かして、パンを良さそうなくらいまで焼きます。

4、蜂蜜とか、メープルシロップとか、そんなのをいっぱいかけて食べます。

5、う、うまい!

ものっすごくテキトーーーに作ったけど、美味しかったです。これまたカロリー高そう。

○いぶりがっこ

母が秋田に旅行に行って、おみやげに買ってきてくれました。秋田の名産品で、簡単に言うと、たくあんをスモークしたやつです。

スモークした食いもんって、なんでみんな例外なく美味しいんでしょうね? チーズも、卵も、サーモンもさー。

親は既製品はソルビトールが入ってるからあんまり美味しくないといいますが、あたしはこの添加物の入ってる漬物の味が案外好きだったりします(危ない…)。

東北人にとって、漬物は、おやつです。お茶の友です。我が家では、うっかりすると、コーヒータイムにみんなで漬物ばりばりやってることもあります。

だから、大体みんな旅行に行くと、おみやげは漬物が多いです。関西地方だと、超季節限定ですが、水茄子がたまらなく美味いです。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »