« ひだまりにトラヴィアータ | トップページ | Savior »

映画メモ:Guilty or Not guilty?

先週末に風邪をひきました。鼻が詰まりに詰まって、酸欠状態でした。皆さんもご自愛下さい。

先週末はTSUTAYAのVD・DVDレンタルが半額だったので、借りてきました。久しぶりにちゃんと映画を観た気がします…。

●「武士の一分」 2006年

監督:山田洋次 出演:木村拓哉、壇れい他

:山田監督の藤沢周平三部作のしめの作品。監督が山田洋次っていうだけで安心して観られます。案の定楽しめました。

しかし、役者がとても光っている映画だと思います。特に脇役の笹野高史、桃井かおりが非常に良かった。こういうおじさんおばさんいる、とか、何気ない仕草等が自然で、脇役の存在で作品のリアリティが増す。あと、子役の使い方もすごく上手かったなぁ。

木村拓哉も思ったより良かったです。絶望したり激昂したりするシーンとか、決闘シーンが特に良かったです。ただし、主演ドラマでよく見られる本人の癖(間の取り方や、鼻で笑う)が抜けていなかったのがあたしとしては納得いかなかったです。現代劇では問題ないけど、時代劇の主役としてはどうだろうという感じ。ヒロインの壇れいはとにかく、美しく可憐で聡明で、はまり役だなぁと思いました。久しぶりに素敵だなぁと思った女優さんです。

ストーリーはありきたりかもしれませんが、それでも満足できるのはやはり演出の力なのだろうか。ラストも予想通り、お決まりの結末ですが、それでもとても感動的でした(あたしの涙腺がゆるすぎるだけかも)。

それにしても決闘直後とか、切腹とか、ちょっとしか出てこないけど、案外リアルで鮮烈です。あたしは直視できませんでした。山田洋次の藤沢周平三部作はみんな、そういうシーンが必ず出てきますな。それはただ単に観客の興奮を呼ぶためではなくて、日本の武士階級に特有の決闘や切腹、だまし討ちのある種のくだらなさ、空しさ、醜さを伝えるための一つの演出だと感じられます。それは三作品を通して一貫しているカラーのようです。

「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」と続けて観ることをお勧めします。

●「セブン」 1995年

監督:デヴィット・フィンチャー 出演:モーガン・フリーマン、ブラッド・ピット他

:「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件と、それを追う刑事二人の話です。カテゴリーとしては……ホラー?サスペンス?

のわりには、実はダイレクトな暴力シーンは大変少なく、血みどろが苦手な人も意外と見やすいのではないかと思います。死体はいっぱい出てきますが。(そういう点ではあたしは「武士の一分」の何シーンかの方がよっぽど怖かったです) ただし、それだけに想像力が働く感じです。その想像力が恐怖を膨らませるシーンとして一番怖いのはオープニングクレジット。音といい、映像といい、字体といい、ダイレクトじゃないのに、正視に堪えかねるものでした。必見。

全体として静かなトーンがあり、映像は大変美しく作られていると思います。小道具や大道具も結構凝ってる感じです。

作中ではなぜかずーっと雨が降っています。この雨のうっとおしさが神経にぴりぴり引っかかる感じです。

感想を一言で言うと、独特、です。

連続殺人の方法もひとつひとつがとてもオリジナリティに溢れているし(原案者の精神状態が心配になるほどです)、ストーリー展開も読めない。誇張じゃなく「驚愕の結末」が待ち受けている。不快になる人も多いかもしれません。でも、やっぱり面白かった。引き込まれました。

モーガン・フリーマンが知的で冷静な(でも実は非常に人間的な)老刑事を演じていて、とても素敵でした。この人身長も大きいんですな。ブラピはほぼモーガン・フリーマンに食われてます。ブラピが悪いわけじゃないんだけどね…。でも新任で活躍したくてそわそわしてる若い刑事の雰囲気はよく出ていたと思います。あとラストシーンの演技も良かった。

ブラピの奥さん役でグウィネス・パルトロウが出ています。まだ初々しくて可愛らしい感じ。

« ひだまりにトラヴィアータ | トップページ | Savior »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303499/9230153

この記事へのトラックバック一覧です: 映画メモ:Guilty or Not guilty? :

« ひだまりにトラヴィアータ | トップページ | Savior »