« 雨粒と子猫のひげと | トップページ | honey jam & milk more! »

肺に充つる

ここのところ、やっと冬らしい寒さです。仙台では雪も降り、陰道は意地悪く凍ります。

あたしはと言えば、卒論が済んだので、比較的心にも余裕ができました。友だちとお茶したり、一人でお茶したり、家族とお茶したり、とまあインドアでのんびりな生活。ほら、だって寒いし。体調も元に戻ったので、よく食べよく飲んでいます。

自分の好きな本ものびのび読めて嬉しい。久しぶりに「赤毛のアン」を読んで笑ったり泣いたり。本当に大好きな小説です。

訳は村岡花子のもので、改めて素晴らしい訳だと思いました。いきいきしていて、日本語の小説となんら変わることがないように読めます。自然な雰囲気。とても半世紀前の訳とは思えない!

自室の蛍光灯が瀕死で、チカチカして神経に障るので、グローランプとデスクの蛍光灯を点けて過ごしています。買いに行かなくちゃ…

080119_19470001  

« 雨粒と子猫のひげと | トップページ | honey jam & milk more! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303499/9973246

この記事へのトラックバック一覧です: 肺に充つる:

« 雨粒と子猫のひげと | トップページ | honey jam & milk more! »