« LOVE and PEACE | トップページ | 小宇宙 »

あの庭で待っている

080109_15500001 いやいや、あけましておめでとうからもう一週間以上経ってしまいましたー。ブログペットからも「もっとブログ書いて!」って催促される始末(奴はブログ更新しないと成長しない)。

しかしこのところ、日頃の怠惰のとばっちりで、卒論に追われてでろでろになっていました。ブログどころではなかったです、ほんとに。あんなに本気でwordに向かったのは、すっごい久しぶりのことでした…

いや、終わっていないのですけれども(だめじゃん)。でもあとちょっとです。金曜日に提出することになりました。あわよくば今夜完成させてしまいたいです。

今日は所用の後、先日AP嬢と行ったカフェでぼーーーーーーーーっとしてきました。写真のお花はそのテーブルフラワーです。ここの店はお花の飾り方もとてもステキ。写真だと椿のように見えますが、多分ばらだと思います。

ここのお店は豆のカレーが名物のようで、玄関の手前から、美味しそうなカレーの匂いが漂ってきます。夕方だったので食べませんでしたが、髪の毛や服に、香ばしいカレーの匂いをお土産に頂いてしまいました;

今日は「ハニーキャラメルラテ」を飲んできました。飲み物の種類は豊富で、ちょっと変わったラインナップで、ALL500円で、何度も通いたくなってしまいます。席の数が少ないのが難点かな?

お店には雑誌や本もたくさん並んでいて、勝手に手にとって読んだり見たりすることができます。今日はターシャ・テューダー様のお庭の写真集を見てきた。

ちょーーーうつくしい…

花の美しさというものはこうあるべきなのだ!と写真が訴えかけてくる。あるがままのナチュラルガーデン、しかし実は計算しつくされた設計。絵本作家であるターシャ様の美的感覚と、オールドな生活に対する一途な信念と愛、バーモントの四季と大地の成せる業。

ちょーーーーーうつくしい…

しかして庭というものは、育てるものであって耕すものであるんです。泥と虫と気まぐれな天気と歳月と、様々なものと戦って得られる対価が、庭というもの。しかも花の命は短い。根性がないとできません。土地もないとできません。

切花でさえ大した世話ができないあたしには、おとといおいで、の世界であります。

« LOVE and PEACE | トップページ | 小宇宙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303499/9794356

この記事へのトラックバック一覧です: あの庭で待っている:

« LOVE and PEACE | トップページ | 小宇宙 »