« 40の短文描写 01~40 | トップページ | モデラート、エスプレッシーヴォ »

Change the view of looking

先日4月から働くことになった会社の入社前セミナーに行って参りました。

内容はこれからの心得とか、今後の日程とか、そんなことだったけども、お話をされる方々の言葉や態度にはとても真摯なものがあり、また説得力があって、社会人になるっていうことについて、胸の中に斬り込まれたような気分になったのでした。ほんと、あたしにとって価値のあるセミナーだったと思います。

その中から、社会人となるまでの一ヶ月半で意識してほしいと、人事の偉い方が言ってたことが以下ふたつ。いずれも本当に今のあたしには欠けているところであり、今からこれを意識してやっていかなければ4月から通用しないんだろうな、と思ったので、肝に命じていきたいと思います。

①躾=自分の身を美しくするということである。

社会人には自己管理が第一に求められる。それは学生であった今までの「自己管理」とは一線を画するものがある。日常生活から「自己管理」を見直し、躾をし、入社式に備えてほしい。

②あなた→わたしへ

今までは「わたし」が先に立っていた生活であっただろう。しかし、これからはまず先に「あなた」(自分以外のひと)のことを考えて行動するようにしてみよう。お客様であっても、同僚であっても、これからは「あなた」を相手に仕事をしていくのである。

仙台に帰ってきたら、駅改札にちょっとした変化が。

080214_18230001_2 ←巨大なアナログ時計登場。これは便利かもー!左の看板は、仙台銘菓「萩の月」。

以前は

080130_17190001_4 ←こうなってて、一体何が調整中なのかと思ってたんですが、こういうことだったのね。

ちなみにここにはでっかい液晶画面?みたいなのがあって広告やらランキングやら自然風景やら垂れ流してたんだけど、確かに時計のほうが有用だよね…

« 40の短文描写 01~40 | トップページ | モデラート、エスプレッシーヴォ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303499/10519998

この記事へのトラックバック一覧です: Change the view of looking:

« 40の短文描写 01~40 | トップページ | モデラート、エスプレッシーヴォ »