« こころおどる | トップページ | Spring Ephemeral »

脳内爆発

あたしはとても泣き虫で、一応成人とされる年齢になってからも随分泣いてきた。映画や本や、それだけじゃなく、すごく個人的な状況でも、他の人に比べると沢山泣いてるんじゃないかと思っている。実際はわからないけれど。

かなしいとか悔しいとか、あと怒りが込み上げるときは、大抵涙もいっしょに込み上げて、もう自分でもわけがわからなくなってしまって、余計に恥ずかしくて歯がゆい。

人前で泣くというのは、泣いている当人にしてみると本当に恥ずかしいことなんです。

まず、泣いている顔というものは、見れたものではない。嗚咽というのも予想だにしない音が出たりしてみっともない。

次に、「こいつ泣いたら勝ちだと思ってるんだな」と思われていると思うと、そうではないと反論したいんだけど、実は無意識のうちにそう思っている自分がいるんじゃないかと思えてくる。

更に、なぜ泣けるような状況になってしまったのか、今自分はどんな気持ちで泣いているのか、自分の感情がわからなくなり、そんなことすらわからない自分が情けない。

とても、恥ずかしいのですbearingsweat02

そういうわけで、出来れば他人の前で泣いたりなどしたくないのだけれど(身内なら尚更)、泣くまい!と思うほどに涙は出てくるもので、コントロールすることなど、あたしには不可能なように思える。

更に「なんでそんなことで泣くのだ」「泣くな」と言われたりして、そうだこんなことで泣くな自分よ!と思うほどに涙の嵩は増え、堪えようとすると鼻水や奇怪な嗚咽の音も漏れる始末。

一体何が自分に欠けているのか、と思えてくる。

かなしくて泣き、悔しくて泣き、怒りに震えて泣くあたしが本当に幼く思えてくる。

成人年齢を越しているにも関わらず、あたしはちゃんと大人になれるのだろうかと思ったりする。

涙は聖水や消火用水などではなくて、火に注ぐ油のようだ。

泣き止んでしばらくすると、自分がいかに興奮していたかがわかるものです。で、その次の日に月のものがあったりして、ああーそうだったのか、と変に納得したりすることもある。

いつも書いているうちに結論を見失ってしまいますな…ng

ええっと。

もうちょっと簡単に泣かないひとになりたいです。泣いたとしても、その後自分をはぐらかすことなく冷静に直視できるひとになりたいです。

ってことかな。

« こころおどる | トップページ | Spring Ephemeral »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303499/10798767

この記事へのトラックバック一覧です: 脳内爆発:

« こころおどる | トップページ | Spring Ephemeral »