Spring Ephemeral

相変わらず風は強いんだけど、今日は大分うららかな日。二度寝も大変気持ちよく、一日中裸足で過ごせるほどでしたhappy01sun

このくらいになると、春が一層待ち遠しくなって、軽やかな素材、明るい色のお洋服が着たくなります。が、実際はまだまだ寒いのでそれはちょっと無理。

そのかわり?花の色はあざやかになって、目を楽しませてくれます。

080229_15150003 これはフクジュソウ。庭に植えてあるのもかなり開いてきましたが、これは鉢植えのもの。室内に入れて窓辺におかれているのです。

ぱかっと開いて陽の光によく映えます。部屋の中が明るくなるshine いかにも春っぽいね。

黄色い花も好きだなあheart

でもフクジュソウは有毒です。芽がフキノトウそっくりなので間違って食べて中毒起こすことはよくあるそう。注意danger

S I G H

花瓶に挿していたチューリップがひらいてきて、一層きれいなのだ。

080217_15450001いいなあ。お花っていいよなあ。

なんで人間はお花きれいだなって思うんだろうなあ。

ネアンデルタール人はもう墓に花を供えることをしていたし、ツタンカーメンの棺からも花が出てきたんだよね。なんで死者に花を捧げようとするのかな。これって洋の東西、時の古今問わないよね。

もちろん結婚式とか、嬉しいこと喜ばしいことでも花はたくさん用いられる。

花をもらって怒るひとはそういないし。

ふしぎー。

これからの季節欲しい花

・スイートピー(色もテクスチャーも春っぽく、匂いもいい。紫がかったピンクとか黄色がいいな) 

・スイセン(匂いのするやつ! スイセンの匂いは凛としていて、空気の冷たさに合うかんじ)

・ラナンキュラス(かたちが大好き! 色もたくさんあるのだ。ばらより手ごろかなあ)

かろきころも

今日のいいこと箇条書き

・新しいカフェ開拓

定禅寺通りにある、クラシックと珈琲のお店に足を踏み入れました。前から看板を見て気になってはいたんだけど、ちょっと大人な印象で躊躇っていたのです。が、えいやっと勇気を出して伺いました。

店内はごくごくシンプルな内装で、棚にクラシックのCDがずらっと並んでいて、壮観。どちらかというと殺風景に近かったかなー。大きなスピーカーから厚みのあるクラシックの音色が流れていて心地良いです。壁に「聴きたいCDがあったら店主まで」「おしゃべりは小声でお願いします」との張り紙がありました。クラシック好きの方にはいいですね。お一人様でごゆっくり向きのカフェです。

メニューは少なめで、エスプレッソ系がなかったのが残念。

あと、テーブルとソファの高さが合ってなかったのも、落ち着かなかったです。もうちょっとテーブルが低ければ、もっとゆったり感があると思うんだけどなぁ。

夜の営業もあって、お酒も出るようですよ。やっぱり、ちょっと大人のお店でした。

・お気に入りのお花屋さんの新店舗にやっと行ってきました

ばらの種類がいっぱいあって、売り物のディスプレイもとってもステキな、あたしの大好きなお花屋さんが、昨年末お引越しをして、ようやくその新店舗に行くことができましたー!

今日は店頭においてある花は随分少ないように見えましたが(季節のせいでしょうかね)、見てるだけで心が満ちるようであります。

淡い黄色やピンクのスイートピーが春を呼ぶようでした。ふわふわの花びら。いい香り。うっとり。外は小雪混じりの北風なんだけどね…。

お洋服も、明るい色や、花柄やが出てきて嬉しい限り。ウキウキしてしまいます。寒さはピークなんだけどね…。

・にゃんこと遊ぶ

下の記事参照。ほんとに猫っていいもんであります。

・おやつ買い

馴染みのパン屋さんで、「塩キャラメルのラスク」を買ってみました。キャラメル好きとしては買わずにはいられなかったです。

普通のシュガーラスクよりも甘さ控えめで、塩のせいかあっさりした感じでした。んまい! ほんとはもっとキャラメルのビターさが強い方が好みですが…

ラスクも甘い辛いに限らず大好きなおやつです。

・冬に咲く

さざんかでいいんだよね、この花は。ちょっと写真がぶれてしまいましたが、冬っぽい雰囲気が出てかえっていいかなと思います。

色が少ないこの季節、ぽつりと咲いていて眼を楽しませてくれます。かたちも好き。

080123_16240002 080123_16340001

Rosalita

今日は夕方Yさんとデート。誕生日のプレゼントも頂きました、ありがとう!!

071129_17020001_3 ひさびさにキルフェボンでお茶。あたしはシブースト、Yさんはモンブランと、二人とも季節のケーキをオーダーしました。美味しかった~!

071129_17100001_3 しかし、タルトとかパイとか、美味しいのに、いっつも上手に食べられません。大抵食べあとがキレイじゃないんだよね… 071129_17030001_2

キルフェボンは、内装も凝っていて可愛らしい。テーブルの花の生け方が素敵だったので思わずパチリ☆

これナチュラルだけど華やかさが出て、誰でも簡単に真似できそうでいい。

お茶してブラブラして別れたあと、何気なくデパートを歩いていたら、化粧品カウンターのカウンセラーさんに声をかけられました。

丁度口紅が欲しくて、色味を悩んでいたところだったので、試しにつけてもらったのですが、暇だったのかフルメイクしてくれた上に、スキンケアのサンプルまでくれたー!! わーい!!

キレイなおねえさんに優しくしてもらうととっても嬉しいです。しかも、押しが強いわけでもない、いかにも愛想作ってますって感じでもない、でも無愛想じゃない、とても好感のもてるカウンセラーさんでした!

今度是非あそこに口紅を購入しに行こうと思った! そして、デパート化粧品カウンターはゆったり選んだりテストしたりするのは、平日の19:00前あたりの時間帯がいいのかもしれないと思った!(わりと閑散としてたのです)

ちなみに今日お世話になったのはクリニークさんです。使い心地もいい感じでした。

ちいさな幸せがぽんぽんっと重なるだけで、ひとはこんなにも元気になれちゃうんだなぁと改めて思った、冬の夕暮れ。

くれなゐのにほひ

071011_21070001 ひっさしぶりにお花を買いました!

ちいさなスプレー咲きのオールドローズ、一束310円也。写真がボケてるのは…ご愛嬌で。ケータイカメラは手ブレに弱い…すいません、言い訳です。

これ、店先に出てたセール品(?)のようなもの。

もう日が暮れかかっていたときに外で見たので、くすんだ赤に見えたんだよね…それが秋っぽくて良いかなぁと思ったんだけど…

家のぎんぎんの蛍光灯の下で見たら、かなり青みの強いピンクでした。あちゃあ。それでもちいさくて丸い花なので可愛いらしいですけどね。 

でも部屋にアクセントがついて、明るい雰囲気になったかな?

さっき、部屋を暗くして、スタンドライトを照明代わりに一眼レフで3,4枚撮ってみました。ISO感度800くらいに設定して(もうちょっと上げても良かったかな?)、机で必死に肘を固定して… 暗い中でスピードライトなしで撮ってみたんだけど、どう写ってるか。

明日、自然光でも撮ってみるつもりです。

スカーレットライン

070926_16290002 非常に日本的な印象のある花、彼岸花。

うちの庭のすみっこで派手に咲いています。ちゃんと彼岸頃に咲くもんなんですねぇ。

この花を見ると思い出すのが、日本の童話の第一人者・斉藤隆介作の「花さき山」です。話が切なくて、滝平二郎の絵もちょっと怖かった。(この作者らは「モチモチの木」「ひさの星」「半日村」などでも有名ですね)

あたしにとっては古い本の匂いとか、夜の部屋の暗さとかを思い出すうような、ちょっと不安になるような要素がこの花にはあります。

彼岸花って言う名前もちょっとどきっとするし。この鮮やかさがまた古い着物の生地とかを連想するんだなー。やっぱりちょっと怖い。確かに秋の花だなぁという感じです。

070926_16120001 

シエスタ

昨日は東京で面接、今日も午前から地元で面接があって、

昼過ぎくらいに家に帰ってきて、

ご飯食べて、居間のソファに倒れこみました。

何せ、暑い。

昨日の東京も暑かったが、今日の地元も暑かった。

気温高くてもからっとしてるから、平服なら気持ちいいんだろうけど、

スーツは暑いですわ……サラリーマンって偉い。

二時間ちょいくらい昼寝をして、

ご褒美ばらを買いに出かけました。

4時を過ぎているのに結構日差しが強かった。ほんとに半袖で十分だわー。

で、買ってきたよ~♪

Photo_60 Hirari大きいほうが「キャラメルアンティーク」、小さいほうが「サラ」。

合計788円でした。

横から撮ったのと上から撮ったので

雰囲気随分違いますけど、おんなじものです。

光の加減もあるのかな。

部屋になんとも言えないあまーい匂いが漂ってます。

こないだ買ったやつとはまたかなり違うタイプの匂い。

ばらはまた、匂いも分類されてるらしい。ダマスクとかティーとか。

これも交配が大きな鍵を握るんですね。すごいと言うかなんと言うか。

でも匂いは、さすがに実際嗅いだ経験がないと識別できないよなぁ…

さて、今週は金曜までに卒論題目発表会のレジュメを仕上げねばなりません。

ばらも買ったことだし、がんばろっと。

スイートビター

今日学んだこと。

キャラメルシロップは紅茶には合わない。

少なくとも、入れ過ぎはよくない。

自分でしたこととは言え、あれは酷かったです。

今日もお花屋さんを冷やかしてきた。

本当に楽しいウィンドウショッピングです。

今日は前回目を奪われた茶色いばらたちはなかった。

やっぱり花もナマモノですからね、その日によって何があるかってのは

行ってみないと分からないのですよ。

しかし、ちょっと前から目をつけていた「キャラメルアンティーク」というばらを発見!!

Caramel ←これ! どーだいこれ!!

この色、この形。

あたし、こーいうのが好きなんですよー!!

うひゃーたまらーん。

ただこのばらは結構大輪なので、切花で楽しむのは難しいかなぁとは思う。

ステムが強いといいのですが。

いずれにせよ、次はこの方に決定です♪

そのときにちゃんとあるといいな。

F

Photo_52 I FOUND a nice FLOWERshop today(FRIDAY).

そこは、うちから自転車で10分もかからないところにあり、

且、置いてあるばらの種類が豊富だった。

最高!!

↑これが今日買ったばら。420円。↓Photo_55

赤が欲しかったんだけど、

あまりに真紅だったり深紅だったりすると

あたしの部屋にはゴージャス過ぎるので、

朱赤のカジュアルな雰囲気のものにしてみました。

あ、名前確かめるの忘れた……。

前にも書いたけど、

花屋さんではなかなか思ったようなばらにはめぐり会えない。

でも、今日見つけたお店は欲しいのが多すぎて迷うくらい豊富だった。

花色、花型、花径など様々。

あたしの大好きなカップ咲き、やさしい杏色のものもあったし、

他の花屋さんではお目にかからなかった茶色(銅色)のもあった。

特に今の時期は多いらしいので、これからしばらくはばら三昧かも…v

しかし、ばらは種類が多い。

その分類法はいろいろあるらしいが、例をひとつ挙げれば、

「ハイブリッド・ティ」と呼ばれる交配品種の以前か以後かで

「オールド(クラシック)ローズ」「モダンローズ」の2つに大きく分けられるものがある。

オールドローズには原種、ダマスク、アルバ、ガリカ、ティー、チャイナなど、

モダンローズにはイングリッシュ、パティオ、フロリバンダ、アンティークなどがあり、

それぞれの種類に、香り、色、花の形や樹形などの特性があるんだそうだ。

(今日買ったものは、おそらくモダンローズでハイブリッド・ティ系じゃないだろか。形からいって、多分そうだと思うんだけど……自信はない)

米とか美味しい味になるように、あるいはいっぱいできるように、

冷害に強くなるように、交配させて、種類いろいろ作るでしょ?

あのノリですね。多分。

ヨーロッパでは十字軍の遠征や大航海時代などで原種が行き交うようになり、

あれこれと交配が始まった。

ただ鑑賞を楽しむだけ(が主軸)のものに人は昔から情熱を傾けてきたのです。

それだけ魅力があるってことなんだろうな。

ばら狂いの人が多いのも頷ける。

庭が広けりゃ、これだけいろいろあるんだもん、コレクションしたくなるよねー。

ま、ばらは命が短いし、病気や虫に弱いので、お世話は大変みたいですけど。