クワイエットの音

先週土曜は、撮った写真現像に出したり、久しぶりにアルソアのサロンに行ったり、風が強くて寒かったけれど、元気に動き回ってきれいにしてもらって、たくさんチャージができました。

実は、その時間の合間に、キャノン写真新世紀の展覧会にも行ってきたのでしたcamera

昼の12時ちょっと過ぎに会場に行ったら、意外と人が少なく、ゆーっくり落ち着いて観れたのでとてもよかったです。その日の15時から飯沢耕太郎さんと伊藤トオルさんのトークセッションがあったということで、皆さんその時間を狙ってたのかもね。(あたしはその時間はサロンで美顔マッサージしてもらって気持ち良くなってました)

感想ですが、やはり展覧会ということで、写真の見せ方ということについて考えさせられました。写真の大きさ、並べ方で見えるものが違ってくるっていうことがよくわかったeyesearch

あたしなんかシャッター押す程度の技術しかないし、写真はまだとにかく撮るのが楽しいだけの本当に個人の趣味に過ぎないんだけど、それが表現の域に入ってくると、やはり見せ方というものは大変重要な意味をもってくるのですねflair

当たり前と言えばそれまでですが、写真に関しては考えたことがなかったことでした。

それと、あたしはやっぱり何かしら「ストーリー」の見える写真が好きなんだっていうこと。言葉がなくても語りかけてくるものにすごく惹かれるということ。を自覚しました。

明らかに作られた状況下で撮られたものや、実験的に編集した作品よりも、なんとなく撮った(ように見える)もののほうが、素直に好きって思えたのです。共感できて入りこめるから。冷静に客観視したり、考える力が足りないのかもしれないけど…

あたしは一眼レフではまだ100枚も撮っていないのですが、色や形や光をきれいに撮りたい、だけの写真ばかりです。まあ基本を学ぶと言い換えることもできるかもしれませんが。でも会場を出て、現像した写真を受け取って、見て、事物だけじゃないものを写す写真が撮れるようになりたいと思ったのでした。

いい刺激になったhappy02shine またいきます。タダだし。

あ、あと、ポートレート、撮りたいなあと思いました。社会人になるまでのこの休み中に、友人たちを撮りたいなあと思うのですが。予定が合ったら撮らせてね!heart

downwardright会場アンケートに答えたら、概要と受賞作とその評価等が載ったパンフレットもらいました! 余ってたのか、昨年のパンフレットももらっちゃったよ!

無料とはいえ結構いいものなので、アンケート書いてぜひもらっちゃってください。

080225_16490001

BLUSH

赤いシリーズ。使用フィルムはAGFA(蜷川実花愛用らしい)。

0012 0009

0011_2 現物はもっと赤が鮮やかに出たんだけどね……スキャンしたらこんな感じ。いじればいいんでしょうけど。

それにしても空の青とクレーンの赤がうまく出ました。

ネコの写真は、フィルムが一枚だけ残ってたので、何か撮ろうと思って自宅ベランダに出たら、エンカウント。シチュエーションとしてはこの上ない感じだけど、写真としてはイマイチ。もっと寄れたらよかったんだけど、レンズの限界。

Heavenly

そらとくも ひかりとかげ

0003 0005

0004

Waterfowl

昨日行ってきた場所。沼を有する自然公園で、渡り鳥たちが越冬のためにやってくる。

Photo_2 0008_3 

0006 0007 0001

一口に鳥と言っても、じっと見ているとそれぞれに性格が違って面白い。

カモメ(?)は餌をもらうのも積極的で、ときには他の奴らのを横取りしたりする。一番うるさいのこいつら。(さらに鳶がこいつらがゲットした餌を横取りしようと上空を旋回している)

カモは大多数。メスが積極的。人の近くに寄ってくるのはメスばかり。オスは警戒心も強い。こいつらはすぐ眠くなるようだ。

白鳥は天然系?! 泳いでる姿は優雅だが、歩くと鈍重(そこがカワイイ。ペンギンと似ている)。足はしっかりと太く丈夫そうだった。どことなくボーっとしている感じ。人間と目を合わせることを恐れない。目が合うと岸に上がってきて、視線で餌くれと訴えかける。

或る時、或る風景

080130_17190001 「調 整 中」

17:00過ぎ、仙台駅改札前。

何が調整中かっていうと、いつも宣伝とか風景とか映してるでっかいテレビ?のことらしいです。

布被ってるとことか、ちゃんと調整中って書いてあるとことか、可笑しみがあっていいなあと思って。

普段ならこういうひとの多い場所で写メったりするのを躊躇うあたしですが、隣に友人Y嬢がいらっしゃったので、撮ることができました。ありがとうね。

ちなみにこれはY嬢とのお茶の帰りでした。短い時間だったけど楽しかったねえ。

今日は久々に眼レフを携えて出かけました。Y嬢とお茶したカフェでシャッターもきってみました。構図とりにさっぱり時間をかけなかったので、上手く撮れたとは思いませんが…

帰りに思わず家電量販店でデジカメをみてしまったです。やっぱりデジ一はちっちゃくて軽い…。いいなあいいなあ。

あと気になっているのがRICOHの「GR」というシリーズのデジカメ。これってプロ仕様(マニュアル撮影可)ってことになってるけど、コンデジなんだよね? なぜか昨日いろんなところで「いいカメラ」とか言われたり、使われているのを見てその存在を知ったのですが…

さすがにプロ仕様なだけあって、高かったです。7万いくら。

だったらもうちょっと頑張ってデジ一買うよーとか思う反面、それだけいいものなら、初心者デジ一と同じくらいの働きをするのかなあと思ってみたり。それにちっちゃくてスリムなので、あちこち持ち運ぶのには便利だろうしなあ。ううむ。

気になります、GR。

Introduction2

今度は動物編。

0005 カメラもってウロウロしてたら、あたしのピアノの先生のお家のワンちゃんのお散歩に出くわしました。

柴犬の小梅ちゃん。1歳…くらいになったのかな? まだまだお転婆さんで、飼い主さんを引っ張ってのお散歩。ちょっとメタボ気味とか。八の字眉毛(?)がいい感じです。

シャッター音にびっくりしてました。ごめんねー。

Photo

「エサ食べたいけど、なんか変なひとが見てるから、食べたくない…けど食べたい、むむむ…」ってなお顔。

学校の猫です。真性ノラではないんだけど、やっぱり警戒心が強くて、うまく近づけず。

ほんとはカメラ目線のにゃんこが撮りたい…。

次は静物。

0006 ギター。ジャズフェスのときに参加したコーラスグループのリーダーの方の。

まあそれだけの写真ですが。

でも、ボディにストラップの柄や床の板目がキレイに写りこんでるのを見て、ちょっと嬉しくなったのでup。

右上に写ってるアンプが邪魔かも…でもあれなかったらバランス悪いかなぁ?

ご意見ご感想お待ちしてます。そのうち大失敗写真なんかも載せるかもです。

Introduction1

えー、やっと2コ目のフィルムを現像しまして。何枚か、ちょっとお披露目しようかと。

うーんハズカシイ。

0002_3

これは割とイメージに近く撮れたかな~と思った唯一の写真。

夜の部屋で、電気消して、白熱灯デスクスタンドを照明代わりにしてます。

余白のとり方が微妙かも。

黒い部分がなんか汚いのは、あたしの写真の取り扱い方が雑なせい。スキャンしたらもろに現れました…

0003_3  これはお花屋さんの中で撮らせて頂いた一枚。まあなんともボケッとしてる。写真としては失敗ですが、選んだ対象としては気に入っています。

鏡に映ったのを利用して…ってのがやってみたくて撮った。ピントを鏡の中に合わせたのが失敗だったかも。

このお花屋さんはとても小さいお店なんだけど、すごくレイアウトやインテリアが素敵なお店。オーナーさんのセンスなんでしょうね。

次の記事に続く。

くれなゐのにほひ

071011_21070001 ひっさしぶりにお花を買いました!

ちいさなスプレー咲きのオールドローズ、一束310円也。写真がボケてるのは…ご愛嬌で。ケータイカメラは手ブレに弱い…すいません、言い訳です。

これ、店先に出てたセール品(?)のようなもの。

もう日が暮れかかっていたときに外で見たので、くすんだ赤に見えたんだよね…それが秋っぽくて良いかなぁと思ったんだけど…

家のぎんぎんの蛍光灯の下で見たら、かなり青みの強いピンクでした。あちゃあ。それでもちいさくて丸い花なので可愛いらしいですけどね。 

でも部屋にアクセントがついて、明るい雰囲気になったかな?

さっき、部屋を暗くして、スタンドライトを照明代わりに一眼レフで3,4枚撮ってみました。ISO感度800くらいに設定して(もうちょっと上げても良かったかな?)、机で必死に肘を固定して… 暗い中でスピードライトなしで撮ってみたんだけど、どう写ってるか。

明日、自然光でも撮ってみるつもりです。

メモ(10/11/07)

今日は一本目のフィルムをやっと現像してきました。初めて自分が一眼レフで撮った写真を見てみるわけです。わくわく。

感想。

まぁ、初めてですからこんなもんでしょうってとこです。ごく普通にヘタクソな写真。

良さそうなのがあればスキャナで取り込んで載せてみようかと思ったのですが、ちょっとそこまでするようなのはなかったです。とりあえずまず周囲の人に評価してもらおうと思います。早く一枚でもUPできるような写真が撮れるといいなぁ。

でも、カメラがいいせいで、やっぱり普通のばかちょんで撮るよりずっとキレイに写ってました。奥行き感も全然違う。さすが一眼レフ様。あとはこの性能をどこまで生かしてやるか。撮影者の技術とセンスの問題。

上手い写真かどうかはともかく、個人的にこれ好き!と思ったのが1枚だけありました。

それは、カニを食らう父の顔。眉根をぎゅっと寄せて真剣そのもの…といった感じだけど、ほっぺたに食べかすがついてるところがいかにあたしの父という感じで、好きでした。顔だけなので、状況説明しないと他人様には分からないですが…

やっぱり家族はリラックスして自然な感じに撮れるのでいいですね。多分想いものっけやすい。

静物や風景は、そこにどんな意味を見出すか、或いはストーリーをつけられるか、ちゃんと意図があって撮らないと、面白い写真にはならないのではないかな、と思います。少なくとも超ド素人のあたしにとってはそうなんじゃないかな、と。美しく撮る技術はまだありませんから。

にしても現像・プリント代も結構しますね~。安いとこ開拓していこう…

マオマオ

最近画像何も載せてなかったので。ケータイカメラです。

071006_14030001_2

白にゃんこ。ひなたぼっこ中をパチリ☆

結構近づいて撮りました。警戒はしてるみたいだけど、逃げようとしない。若いくせに妙にふてぶてしい。半野良かな? ひょっとすると、健康状態もあまりよくないのかもしれません。

071006_14040001 あー、影になっちゃった。

ポーズのせいもあるけど、上とおんなじ子とは思えませんね。

より以前の記事一覧