脳内爆発

あたしはとても泣き虫で、一応成人とされる年齢になってからも随分泣いてきた。映画や本や、それだけじゃなく、すごく個人的な状況でも、他の人に比べると沢山泣いてるんじゃないかと思っている。実際はわからないけれど。

かなしいとか悔しいとか、あと怒りが込み上げるときは、大抵涙もいっしょに込み上げて、もう自分でもわけがわからなくなってしまって、余計に恥ずかしくて歯がゆい。

人前で泣くというのは、泣いている当人にしてみると本当に恥ずかしいことなんです。

まず、泣いている顔というものは、見れたものではない。嗚咽というのも予想だにしない音が出たりしてみっともない。

次に、「こいつ泣いたら勝ちだと思ってるんだな」と思われていると思うと、そうではないと反論したいんだけど、実は無意識のうちにそう思っている自分がいるんじゃないかと思えてくる。

更に、なぜ泣けるような状況になってしまったのか、今自分はどんな気持ちで泣いているのか、自分の感情がわからなくなり、そんなことすらわからない自分が情けない。

とても、恥ずかしいのですbearingsweat02

そういうわけで、出来れば他人の前で泣いたりなどしたくないのだけれど(身内なら尚更)、泣くまい!と思うほどに涙は出てくるもので、コントロールすることなど、あたしには不可能なように思える。

更に「なんでそんなことで泣くのだ」「泣くな」と言われたりして、そうだこんなことで泣くな自分よ!と思うほどに涙の嵩は増え、堪えようとすると鼻水や奇怪な嗚咽の音も漏れる始末。

一体何が自分に欠けているのか、と思えてくる。

かなしくて泣き、悔しくて泣き、怒りに震えて泣くあたしが本当に幼く思えてくる。

成人年齢を越しているにも関わらず、あたしはちゃんと大人になれるのだろうかと思ったりする。

涙は聖水や消火用水などではなくて、火に注ぐ油のようだ。

泣き止んでしばらくすると、自分がいかに興奮していたかがわかるものです。で、その次の日に月のものがあったりして、ああーそうだったのか、と変に納得したりすることもある。

いつも書いているうちに結論を見失ってしまいますな…ng

ええっと。

もうちょっと簡単に泣かないひとになりたいです。泣いたとしても、その後自分をはぐらかすことなく冷静に直視できるひとになりたいです。

ってことかな。

de Co.

ここ二日ほどかなりへっこんでました。

久しぶりの著しい落下。久しぶりのまぶた重くなるくらいの泣きっぷり。

でも、思いっきり泣いて喋ったらすごく楽になった。気持ちを吐き出すって大切なんだなぁなんて思いました。

他人には偉そうに言ってるくせに、自分ではいざってときの発散とか解消がすごく下手なんです。普段ストレス溜まらないからってのもあるんでしょうが(寝れば忘れるタイプ)。

自分を見つめるっていうのはとても大事な作業です。これがないと社会生活を営む上では生きていくのは困難でしょう。

だけど、見つめすぎるのも、危険かもしれません。

視野が狭くなるのも、物事を突き詰めすぎるのも、やっぱり、怖いことですから。

とりあえず、食欲も落ちなかったし、睡眠もバッチリなので、健康であることには間違いありません。

泣いてある種のデトックスもできたので、明日からまた元気に頑張りたいと思います。

とりあえず、部屋の掃除しよ。

like a DEATH

「コーヒーは地獄のように黒く、死のように濃く、恋のように甘くなければならない。」(トルコの諺)

(※ウィキペディア「コーヒー」の項より引用)

かなしいときー、ミルクコーヒーを飲もうと思って濃くコーヒーを淹れたのに、冷蔵庫を覗いたら牛乳がなかったときー。かなしいときー。

仕方がないのでチョコ食べながら濃いコーヒーを飲みました。美味しかったです。

大きめのカップに2杯ほど飲みました。そしたらなんだかそわそわしてきました。ご不浄ではありません(そっちのそわそわにはもうちゃんと応えました)。

音楽がやたら胸に染み入ります(久しぶりにエリック・クラプトン聴いてるんだけど、すんげえいい~!! 秋っぽいよ~きゅんきゅんくるよ~特に「Unplugged」これほんと名盤)。

誰かにむやみに電話したくなります。喋り倒したくなります。

おそらく心拍数が上がっています。

膝を抱えてうーとかあーとか呻きたくなります。

なんかひょっとして死にそうかも、と一瞬だけ思います。

この恋にも似た(笑)そわそわ、どうやらコーヒーのせいらしい。どういう成分(カフェインででいいんでしょうか)のせいだかわかんないけど、コーヒーは中枢神経に働いて精神を高揚させる効果があるらしいです(眠気防止になるのもこのせい)。

あたしは寝る前にコーヒー飲んでも全く問題なく普通に眠れる人なのですが、一体どういうわけか、今、正に神経が興奮してるらしいです。多分昼飯食わないでコーヒーいっぱい飲んだせい。しっかり吸収したんでしょう。

恋をしたい人は、異性とふたりで空きっ腹に濃いコーヒーを流し込むとお手軽に、どきどきうきうきそわそわの恋する気分になれると思います(持続性は期待できませんが)。吊り橋要らずの、吊り橋効果。どうですか、だめですか。

It's me.

070929_23180001 この手はあたしの大事な宝物。

小さい手。不器用な手。苦労してない手。爪の形が不恰好。小指の関節が曲がってる。

でも、ピアノが少し弾けるし、大事な人たちと手が繋げるし、その他にもたくさんのことができる手。

男女に限らず、手指には目がいくし、「美しい手」にはすごく惹かれる。造作がいいってだけじゃなく、その人となりを多少なりとも映し出す「美しさ」。(ナウシカでもそういう台詞がありましたね)

それは「触れるもの」であるという意味合いを大きく含んでいるから。行為とか手段とか。

自分と相手との直接の接点になるという集中的な視線が、手や指には向けられるんだと思う。

そう感じてるのって、きっとあたしだけじゃないんだろう、とも思う。

だから、他人に恥ずかしくない手でいたいと思う。ささくれてても、かさかさでも、整えられてない爪でもいいからさ。

そういう女になりたいと思うんです。

on Romantic mode

好きなものは沢山あるのです。

例えば音楽。メロディックな音楽。エモーショナルな音楽。シンプルでメランコリックな音楽。もっと沢山。

例えば花。オールドローズ、トルコギキョウ、ラナンキュラス、沈丁花、くちなし。もっと沢山。

世界中の美味しいもの、いい香りのする諸々のもの、様々な懐かしいそしてまだ見ぬ風景、あたしの周りにいてくれるいろんな大切なひとたち。もっともっと沢山のこと、もの。

数えればキリがない。

けれども、それを好きだ、といざ口に出すのは、簡単なようで難しい。

実はあたしは、強情で、見栄っ張りだ。

自分の感情も時として騙せるくらいに、素直ではないのです。

好きだ、大好きだ、と豊かに微笑って、さらりと温かく、言えるようになりたい。

次の方どうぞ

ここ何日か肌の調子がすごく悪いんです。

久しぶりに大きなニキビが顎にできたし、そうでなくてもコメド(ニキビのこどもみたいなやつ)がぷつぷつ出現してるし、だから当然肌表面がざらついてるし、皮脂分泌が過剰だし、久しぶりに毛穴が黒ずんでるし、唇も荒れてるし……

「ふむ、なるほど。要するに梅やさんが今まで抱えてきた肌の悩みが一気に表れてるんですね?」

そうなんです、天気も悪いし鬱々としちゃって……

「ふむ。就活&卒論で忙しいあなたにはマイナス影響ですね」

えっ……まぁ、その、ゴニョゴニョ……

「進み具合はどうですか」

ええっ……あのその……ぼちぼち(もうちょっと進めないといかんの)です、ハイ……。で、あの、どうしたらいいでしょう?

「卒論? それとも就活ですか?」

イヤ、あの、あたしの肌のことで…

「ああ、そうでしたね。とにかく診断書出しておきますから、とりあえず今日はこんなところで。お帰り下さって結構です」

えー…あー…ハイ(まだ何も聞いてない気がするんですが)。

診断書:

・規則正しい生活をしましょう。早寝早起きはもちろんのこと、日中は寝てばっかりいないで活動しましょう。代謝が落ちますよ!

・ご飯は3食ちゃんと食べましょう。特に野菜の摂取が足りないようです。バランスよく食べましょう。紅茶ばっかりいっぱい飲まないように!

・甘いものをもうちょっと控えましょう。お酒や甘いものはニキビの発生を促進します。

結論=化粧品に頼ってばっかりいないで、生活を見直しなさい。

来週は会社説明会があります。しゃっきりせな!

la bella luna

ここんところ、なんだか腹立てやすかったり、あんまり元気になれなくて、

なんだかなぁと思っていたら、

どうやらPMSだったようです。

と言ってもあたしの場合ごく軽いんだけど。

(PMSってなあに?という方はこちらを参照。→http://www.geocities.jp/fragile_pms/)

そう気付いてしまえば、なあんだ、そうだったんだ、と思えて、

それだけで心が軽くなるんだから不思議なもんです。

身体症状(鈍い頭痛や、鈍い腹痛、鈍い腰痛)はこれから来ますが、

それもあたしの場合ごく軽いので、殆ど問題にはなりません。

周囲の人たちは、それで本当に辛そうなひとが多いので、

なんだか申し訳なくなってしまうくらい。

思春期に症状が重いひとなんか、ホント大変でしょうね。

あたしは、もっと年齢が低い頃は症状は全くなかったので、

ただ単に煩わしいめんどくさいくらいにしか思ってなかったのですが、

最近少し症状が出てきて、ようやく分かってきました。

あと、

男の人にはわかんないだろうなぁ、としみじみ思います。

だから男女のどっちがどう、っていうことじゃないけど、

女の身体が作られていくということは空恐ろしく、また大変なことであることよ(詠嘆)。

とりあえず、嵐が過ぎ去るのをじっと待つしかありません。

明日は、なんか甘いもんでも食べに行こうかな、と思っている次第でありました。