テオリア

恋は感情でするもの。

どうすべきかなどと理性で考えてするものではありません。

心に湧き上がってくる自分の気持ちのままに行動すればよい、それだけです。

すべてをかなぐり捨てて、心のままに素直に動くのみ。

恋は心の揺れ、切なさです。

何もない平穏がよければ恋などしないほうがいい。

やるせなさに耐えて、心の動揺を楽しむことです。

会いたければ会う。話したければ話す。

顔を見ているだけでもいい。

高校の倫理の先生(大恩師)から頂いた言葉。勇気や元気をくれる、宝物。

でも未だにあたしは素直になれないんだ。言葉はいつも胸にあるのに。

強がりなくせに、臆病なのです。